春風亭一之輔 春爛漫京都独演会
2017年04月09日 (日) | 編集 |
お久しぶりです。
2か月以上放置しての復活です。
・・・・もはや、何も言うまい。

と云う事で、久々の更新は落語会。
170409_1.jpg

春風亭一之輔「春爛漫京都独演会」@京都府民ホール 2017.4.8

聴きたい落語家、一之輔さんが京都で独演会!と云う事でお出かけ。
会場は、初めての京都府民ホールアルティ。
キャパは560席程度なので落語会にはちょうどいいです。
自分は会場の真ん中あたりでしたが、非常に見やすかったです。
シート幅はやや狭かったですが。
因みにこのホール、流石は京都というべきか?
何故か派な中庭がありました。

170409_2.jpg

こんなん他で見たことない。

で、肝心の一之輔さん。

開口一番では 、京都での落語会は2回目との事で、実は京都よく知らないんですよねとマクラが始まります。
え~っと、京都といえば天下一品(笑)
二番目は応仁の乱…
桜の話から、当日のピンクの羽織について、ほぼ年に1回しか着ませんとの事。
何とも言えないグダグダとした雰囲気のマクラ。
~この一見、ヤル気を感じさせないマクラは芸風なんですよ。

一席目「人形買い」
自分的には実演は初めてなので楽しみです。
後半の小僧のイっちゃってる感じで大爆笑。
抑揚が効いて面白い噺を、ものすごく面白く演じてくれました。

一之輔さんによると、ひとりキチガイ系の噺
そのような分類があるのかと感心。~同系は野晒しなど
このジャンル最近は演る演者が減っているらしいです

一席目終わって、そのままマクラ
来週OAのNHKプロフェッショナルについて~これ白酒さんが言ってたやつだ。
二ヶ月半の密着取材の話、そこから

二席目「刀屋」
人形買いとは打って変わって、正統派の演じ方
ある意味、人情話的な要素もあるので、上手いくすぐりを入れながらもキッチリした筋運び。
上手いなぁ。
身投げ後の展開は初めて聴くものでした。
志ん朝師の得意ネタですが、サゲが「お材木(お題目)で助かった」の地口オチではないパターン。
しかも、刀屋の勘当した放蕩息子まで登場の大団円。
これオリジナルの演出なんでしょうか?
ラストの「鞘に収まった」と云うサゲもキレイです。
落語辞典にもこの展開載ってません、気になります。
個人的に地口オチ(だじゃれでオチがつく)サゲはあまり好きじゃないので、この展開大アリです。
イイもの聴けた。

ここで仲入り 約15分程度の休憩

着替えての再登場
ロビーで販売されてる自分の本等について。
自分は商売っ気が無い話から、木久翁師匠の商魂についての話題で笑い。

三席目「不動坊」
おっ!上方ネタ。米朝師の十八番です。
東京に移された江戸落語スタイルで、サゲも現代でも判りやすい東京パターン。
とにかく二席目の刀屋で見せた端正なスタイルから又一転。
本来の一之輔さんの一番の魅力、細かくて破綻が無いのにやたらパワフルで笑える演出でした。
一席目の人形買いの小僧もかくや主人公の脱線ぶり、くどくなる手前の寸止めで笑わせます。
もう風呂屋のシーンは最高!!
後半のやもめ三人組も最高に可笑しい。
チンドン屋の満さんいいなぁ。
細かい事言うと、寒い冬の情景まで浮かんでくる米朝師の名調子とはかなり趣が異なりますがコレはコレで。
それでも基本的なストーリーは同じ、これだから落語は面白い。
演者の手腕と魅力でいかように変化して楽しめます。

170409_3.jpg

やっぱりテクニック的にも上手いし、すごく構成に気を配っているし、とにかく笑えるし、自分的には肌に合う演者さんです。
大満足のこの会、来年も開催との事なので楽しみです。


会場の京都府民ホール、京都御苑の横にあります。
あいにくの雨でしたが、御苑の桜も楽しみました。
170409_4.jpg

写真では判りませんが、この雨にもかかわらず、すごく人が多かったです。

これからはボチボチですが更新していくのでよろしくです。
相変わらず自分の興味でしか書きませんが。

スポンサーサイト
ジョン・ウエットン逝く・・・。
2017年01月31日 (火) | 編集 |
元クリムゾン、UK等で知られる、エイジアのジョン・ウェットンが1月31日に亡くなりました・・・。
癌闘病中とは聞いていましたが、享年67歳。

あの声と歌い回し、太い音のベース・・・。

すごい喪失感です。

jw_rip.jpg

UKリユニオンでのエディとの2ショット

そういえば、UKボックスの記事書いてませんね。
これ書こうと、最近はUKばかり聞いていたので、余計にショックです。

彼の理想の3分間プログレ。
もう新しく聞く事は出来ないんですね。

安らかに。
桃月庵白酒独演会@京都文化博物館
2017年01月29日 (日) | 編集 |
行ってきました、待望の落語会。
これまでに2回聞く機会があって楽しみにしてたんですが、何故か2回とも「真田小僧」で、ちょっと残念でした。
今回は独演会なので。白酒さんをたっぷり聞けます。

hakusyu2017_2.jpg
ちゃんとSOL OUTなのが素晴らしい。

京都文博 噺の会 Vol.4 「第2回 桃月庵白酒 独演会」@京都文化博物館 2017.1.29

会場は初めての文博。
阪急の「烏丸」駅から北上する事6分程度と、自分としては非常に行き易いロケーション。
hakusyu2017_1.jpg

歴史のある立派な建物。
イベント用の本館は近代的なビルです。一応。

14時開演、開口は桃月庵ひしもち 前座さんです
「子ほめ」
丁寧に、15分程度。
口調は滑らかながらも、落研ぽいというか、上手な学生さんみたいな雰囲気。
ま、若いし、これからですよね。
キチンと上手で、笑わせるところでは、ちゃんと会場に笑いも起きてました。

白酒さん登場
マクラはいきなり会場の悪口、というか前回の会場について(今回の会場の隣)
いきなり「2回目かあるとは思いませんでした(笑)」からと優しげで柔和な表情で毒を吐きます。
これぞ白酒さん。
さらに大きな会場での落語会って・・・事から、、談春師匠の悪口へ(笑)
いやぁ、面白い。
この白酒さんも同業者を語らせるとホントに楽しいです。

「粗忽長屋」
これは実演初めて、あのよく聞くと訳のわからないバカバカしい噺をどう料理するのか?
最初の「行き倒れ」の部分で大笑い。
何故か主人公は「行き倒れ」を「えっ!?江戸っ子のフラメンコ?」と返すんですね。
よく聞くと「粋なオーレ・・・」これツボでした。
至極まっとうな常識人をキチンと配する事で、バカバカしさ加減が上手く強調されます。
無責任な見物人もイイですね。
実演時間は20分程度でしたがもっていかれました。
いいねぇ。

白酒さん2席目、マクラpart2は正月興行について
寄席興行を10日間通しで聴きに来るお客さん。
5日くらいだと「また来てくれてるんだ」となるが10日間だと「もう来るなよ」「仕事してんのか?」(笑)と感じる
そこから楽屋での昔の大師匠の囲碁将棋の話からの

「笠碁」
大好きな噺ですし、仕草も面白くて、二人の性格の演じ分けも面白い。
実演では市馬師匠、最近のCDでは一之輔さんで聞いてますが、ベテランの味で明朗な市馬師匠とも、やや作りんでいる一之輔さんとも違います。
さりげなく、白酒さんの個性も盛り込まれて、練られている感じが光ります
とにかく丁寧で明るい演じ手なので、こういう噺はホントにイイですね。好感持てます。
実演時間 約25分

ここで中入り 15分

hakusyu2017_3.jpg
この畳と云うのが新鮮かつ、やや辛い。
白酒さんも、どうにでも好きなような格好で見てくださいとの事。
実際に最後列というか後ろの壁に持たれて見ている人も多数。

3席目は、ピンクの着物に着替えて登場。
マクラpart3は、一之輔がNHKのプロフェッショナルで取り上げられる話
さんざんNHKの悪口言って、「どうせ受信料払ってないし」(笑)
しかし、番組のO.A.見たくなります。
一之輔さんの語る番組最後の「プロフェッショナルとは・・・」聞き物ですね。
そこから裏原宿での話からの

「明烏」
お!実演は初めて聞く噺です
文楽師匠の十八番ですが、自分は志ん朝師のもので聴き込んでる根多です。
功者白酒さんの演出は?とても楽しみです
冒頭はオーソドックスなスタート
それでも、吉原を奥浅草言い換えるあたり、さりげなくマクラが効いています。
結果的には、志ん朝師のスタイルとも違う、新しく巧みに構成されたものでした。
ホントに上手い。
特にくすぐりになるギャグ描写はクドイくらいなので、クスリとかでは無く、しっかり笑わせて大変楽しく聞けます
それでも、やはり古典の江戸噺らしいスッキリ感かありました。
今日の大収穫。
実演時間 約50分

hakusyu2017_4.jpg

よく考えると、マニアでなくても知ってる噺ばかりをズラリと並べましたね。
自信の表れだと思います。
やっぱり、白酒さんは間違いないです。
ホントに自分に合ったイイ演じ手の方です。
もっと聞きたいです。

日曜の昼下がり、楽しい時間を過ごせました。



トヨタ、復帰戦でいきなり表彰台。
2017年01月23日 (月) | 編集 |
WRC復活のトヨタが、初戦のモンテでいきなり表彰台へ!

「2017モンテカルロラリー」

toyota_momte.jpg

ヤリ-マティ・ラトバラの10号車トヨタ・ヤリスWRCが2位でフィニッシュ。
因みに優勝はセバスチャン・オジエのフォード・フィエスタWRC。

つまり昨年のVWチームのシリーズ1位と2位がマシンが変わってもそのままとも云えます。
ポロWRCも速かったけど、ドライバーも流石と云う事ですね。

とにかく、トヨタ本気のWRC復活は成功。
あとは1位表彰台ですね。
国内メーカーの復帰、活躍でまた日本でもラリーが盛り上がってくれれば。
・・・J-SPORTSに加入しようかな。

にこのヤリス、ご存知のよう国内ではヴィッツとして販売されています。
このヴィッツにWRC参戦記念モデルとしてGRMN限定仕様のスーパーヴィッツが発売されるようです。
なんと心臓はロータス・エリーゼSにも搭載する1.8Lスーパーチャージャーエンジン2ZR型を搭載。
1t程度のボディーに220psのベビーモンスターです。
もちろん足回りも強化されるはずです。
販売予想価格は350万円との事。
2013年に発売のヴィッツ GRMN Turboは152ps仕様で270万 限定200台で即完売でした。

今回も予約段階で速攻完売でしょうね。

ようやく届いた「究極のUK」
2017年01月22日 (日) | 編集 |
気が付くと2017年1月も下旬。
月日が経つのは早いですね。


オーダーからほぼ1年
昨年の2月に発売情報が出て、再三の発売延期、初回プレス完売を経て、ようやく手元に届きました。

「UK: Ultimate Collector's Edition」
16CD+4Blu-ray Audioの18枚組の完全生産限定盤です。
その生産数、全世界1000セット!
uk_ult01.jpg

自分は、最初日本のAmazonで予約していました、3月の予約時点で税込み¥24800!
情報見た瞬間には、「買わねば!」と思いましたが、よく考えると、UKのオリジナルアルバムは3枚とも30周年リマスターを持っています。
当然オリジナル盤も、アナログ盤も所有しています。
しかも、公式初収録のライブは有名なブート音源で、これも所有しています。
つまりある1点以外には、強烈な魅力は無いボックスです。
しかし、そのある1点の魅力は強烈過ぎました。
それは、オリジナルは1枚組だった79年ライヴ盤 "Night After Night" が公演全曲を収録した2枚組の拡張版に仕様に変更されてるんです。
これは抗えない。トリオ時代の最高のライブが公演全曲聴けるなんて。
気が付くと、予約をポチッと。

その後、懐状態が悪くなる度に、高額商品なので、何度もキャンセルしようかと思いましたが、キャンセル以前にサッパリ発売される様子がありません。
Amazonからは4回ぐらい、発売延期のメールが来ました。
で、いよいよ9月に、ついに10月くらいには発売されそうとの情報を得ました、その時点で「待てよ?」と思い米国Amazonのサイト見ると、何と$165で予約受け中じゃないですか。
覚悟決めて、日本でキャンセルして米Amazonで予約しました。

ネット見てると10月下旬に無事発売されたようです。
が、商品は届きません。
Amazonのステータス見ると、12月にお届け予定になっています。
やはり初回プレスは完売したようです。
追加プレスがあるようで、自分のオーダーはそちらから手配される様子。
12月に入ると、1月お届け予定に更新・・・。
もしかしたらもう手に入らないのかな・・・という気持ちに、日本のAmazonでは中古でも4万位と高値で取引されている様子。

縁がなかったんかなと思い始めていたところ、1月の第2週にいきなり発送メールが。
「おお!」と待つ事、1週間で米国から大きな箱が届きました。
発送時のメールによると最終的に購入金額は¥17465だそうです。
国内アセンブル仕様の約半額。
18枚組なので、1枚¥980・・・そんな計算してどうする(笑)
なんとか、納得できる価格で手に入りました。
uk_ult02.jpg

この商品、まだ買えます。
もちろん日本でも買えますが、輸入盤で¥29000程度、ブックレット日本語訳が付属の国内アセンブル仕様はお値段は税込み¥31860!!

米Amazonにはまだ在庫がるようです。
$149.98(2017.1.22現在)、絶対こちらはお勧めです。
英Amazonにも在庫はあるのですが、こちらは£181もするのであまり魅力がありません。
英Amazonで買うのなら手間を考えると国内のサイトで輸入盤買うほうがいいと思います。

まさか次のプレスがあるとは思えないので、初回で買い逃した方は今がチャンス。
興味の無い人にはデカイだけの邪魔ものですが、マニアにはお宝ですよ。
万が一、ライブ拡張版が単品売りされたりすると一気に価値が半減しますけど・・・。

え、肝心の中身?

それは明日以降にご紹介。