読んだ本、聴いた音楽、観た映画、その他よろず雑記。とりとめなし・・・。
4DX初体験。
2016年11月04日 (金) | 編集 |
映画館の最新システム「4DX」初体験です。

この新システムは4DXと更に拡張されたMX4Dがあるのですが、これを楽しめるのは全国でも4DXで45館、MX4Dに至っては13館と、まだまだどこでも見られるわけじゃないようです。
幸い京都では家から一番近い、イオンシネマ桂川が4DXを導入しているので、ここで体験してきました。

簡単に4DXについて説明しますと、映画の場面に合わせて、動く座席を中心に水しぶき、光、匂い等、の様々な効果が組み合わさりアトラクションにように映画を体感出来るというもので
3D(立体視)を超えたということから4D映画などと呼ばれています。

問題は料金。
自分の見たイオンシネマの場合は通常の料金(普通だと¥1800)の他に4DXの特別料金が¥1000必要です。
3D上映の場合、3D特別料金が更に¥300、持参の3Dメガネが無い場合は追加で¥100.
つまり、前売りとかサービスデーではなく、手ぶらで3Dの4DXを見に行くと、何と¥3200も必要なのです。
2時間の映画1本で・・・¥3200もあればBlu-rayの映画が2枚買えます。
う~ん、ちょっと気軽には見られないねぇ。
家族で出かけ、ポップコーンに飲み物買うと、1万円コースです。・・・映画なのに。

窓口で4DXの券を購入すると、初めてかどうか訊かれました。
「初めて」と答えると様々な注意を説明してくれました。~自分の列の後ろのヒトごめん。
・熱い飲み物は持って入れません。(こぼして火傷しても知らないよと云う事)
・アルコールも禁止(酔って体験して気持ち悪くなっても知らないよと云う事)
・手荷物は専用のロッカーに預けてください (落として壊れたりしても知らないよと云う事)
そこまで言われると、そんなにスゴイのか?と期待値が上がります。
やや前側のセンターと云う自分の一番好きな場所を予約。シートの予約画面では、200席位のシアターで予約されてるのは自分以外では2席のみ・・・。
~しかし平日のお昼の回とは云え寂しいものが。ロビーにはたくさん人がいたんですが、4DX観る人は少ないようです。

いつもは熱いカフェラテのラージを買って、映画を見る事が多いんですが、今回は注意に従いミネラルウォーターのPETボトルに。
一方ショルダーバックはそのまま持ち込み、隣の座席に。

4dx_01.jpg

4DXシアターのシートは4席が1セットで動くようになっているようです。
これなら誰も座ってない部分の仕掛けは稼働させなくてすみますからね。賢い。

普通のシートよりやや広めですが、最新のシネコンのシート幅からすると特別にに広くてゴージャスとは感じません。
独特だと感じるのは、シートバックの形状、普通のフラットなものと違い、背中の部分がやや膨らんでいます。
肘掛には「水の噴射」機能を停止するスイッチ、これは着ている服や、メイクの関係で絶対濡れたくないという時に使用するようです。
フットレストがあるのも独特です。

いつものように予告編が終わると、4DXの説明映像が流れます。

いよいよ、始まりました。

冒頭でいきなりの格闘シーン、ここでシート前後左右に動くし、背中を打ち付けたり、殴られるシーンでは背中にボコボコ振動がきます。
エンタープライズの出港では前から風が
確かにテーマパークのアトラクションのようです。
とにかく予想以上によく動きます、ドアが開いただけでも振動が来たりするので、とにかく画面でなにか動いていたら強引に動かしとこうみたいな意図を感じます。
演出上の効果よりも、4DXであること優先な感じ。

水しぶきのシーンでは、確かに画面に連動して飛沫が来て臨場感はあるんですが、3Dメガネに飛沫がかかります。
見難くなります・・・ダメじゃん。

香りのほうは、映画の内容的に美女が出てきて、香水のいい香りが、なんて事はなかったのですが、スピード感のある場面では何度かミント系の爽やかな香りがしました。ごく薄~くですが。
香りは個人の好みがすごく分かれるので、これ位でいいような気もしました。

惑星で稲妻が光るシーンでは、スクリーン上のフラッシュからも閃光が放たれるんですが、何かとってつけた感がありすぎていらない気も。
演出上、ハマるシーンでピカッと1回だけとかならそれなりの効果もあるとい思うんですが。何か、安いお化け屋敷みたいでした。

水しぶきも雨のシーンでは頭上から降り注ぐ感じ、水しぶきだと前からかかる感じ、疾走する際の前からの風圧を感じる風と、そよそよと風の吹く場面での風は全然違うなど、非常に細かくコントロールされています。
それだけに前述の無理やり4DXにしてます感も気になります。

今回は、久しぶりに3Dで見ましたが、相変わらず立体効果と引き換えに精細感がワンランク落ちて、画面全体が暗くなります。
ところどころは立体視すげ~っていうシーンもあるので全否定はしませんが、やはり好きじゃないです。

4DX総括
4D自体は、以前にUSJで「シュレック4D」で体験してました。
アレは4D用のギミックのために映像自体が制作されており、こちらに向かってくしゃみしたら飛沫が飛んでくるみたいに映像の演出効果としてのギミックでしたし、それを上手く活かして決めどころでしか稼働させないように計算されて作られていました、だから効果的。
一方こちらは映像としては普通にスタートレックなのに、無理やり4Dにしてる感が丸出しです。
今回は、CG満載の派手なSFアクション映画だったので、恐らく相性的にはいいはずです。
確かにアトラクション的には面白いと思うし、1回くらいは体験してもいいと思います。
ですが、その価格に見合う価値があるかと訊かれると正直「高い割にはイマイチだからお勧めできない」と答えます。

シートがガンガン動いても、画面上でエンタープライズが攻撃されてれば、画面との一体感と云う事で納得できます。
しかし、格闘シーンの度に自分の背中まで激しく振動を感じる必要があるのか?
ハードとしてよりも演出が上手くないというか、幼稚なアトラクション化させているとうかその辺りのセンスが問われますね。
それにガンガン動くといっても、「バックトゥザフューチュー・ライド」位に激しく動いて没入感があるかと云われれば、全然及びません。
お値段は別にすれば近所のシネコンでお手軽に楽しめるレジャーとしての否定はしないけど、自分は1回体験したからもういいや、という感じですね。

現在同じインシネマの4DXでは、ラングトン教授ものの「インフェルノ」を2Dで公開してるようです。
2Dのミステリー映画で4DX・・・?う~ん。これどうなんでしょう。

一度も経験したことが無い人は話のタネに一度くらいは体験するのも悪くないかもです。
作品は選んだほうがイイとも思いますけど。


スポンサーサイト
映画評「スター・トレック BEYOND」
2016年11月03日 (木) | 編集 |
お久しぶり!

映画を見てきました。
大好きな「スタートレック」の最新作。

4dx_02.jpg

「スター・トレック BEYOND」
★★★★☆ 80点
一言感想「アクションは派手だがお話は薄い」

リブート3作目です。
今回は、遂にあの「4DX」で体験しました。

まず映画の感想から。

とにかく、これまでシリーズを見たことなくても90%はついていける位にシンプルで判りやすいSFアクション映画になってます。
監督がワイルドスピードシリーズのジャスティン・リンである事が大きく影響してると思います。
この監督がSF?とも思ったんですが、全然大丈夫でした。
今回は割と序盤でエンタープライズは惑星に墜落してしまいます。
そこからのサバイバルアクションみたいになるわけです。
エンタープライズを失ってバラバラになったクルーがどうやって脱出、反撃に出るのか?
アッと驚く展開が。ま、敵の正体にも関係するので、これはご自分で.
アクションシーンだけなら全シリーズ作でも最高なのでは。
格闘戦シーン、銃撃戦シーンに、バイクによる疾走アクション(笑)まで、ド派手。
CGでの宇宙戦のシーンまでがとにかく派手派手と退屈させない出来です。
一方、トレッキー向けサービスもキチンと織り込んでます。
ただ序盤であんなに圧倒的だった敵の強さが後半やや失速するのと、その正体、目的がいまひとつに感じます。
ストーリー的にはやや弱いなぁと感じます。

今回も映像は頑張ってます、個人的には宇宙基地ヨークタウンの風景描写にやられました。
CGですが、デザインも素晴らしかったです。
しみじみと「SFはやっぱり絵だねぇ」by野田昌宏氏。

シリーズの功労者で、昨年亡くなったレナード・ニモイさんへの配慮もバッチリ。
老スポックの遺品の中からあの写真があの音楽とともに現れた瞬間にグッとこないオールドファンはいないでしょう。

これはネタバレにはならないと思いますが、ラストではエンタープライズが新造されます。
NCC-1701-Aです。
これが、あのナレーション、音楽ともに宇宙に旅立つ様でラストシーンになるんですが、又もや感動。
オールドファンのポイントを押えてますね。ずるいわ~。でも鳥肌もの。

ストーリー的には前作「イントゥ・ダークネス」のほうがしっかり練られてる感じがあり、敵役にベネディクト・カンバーバッチを持ってきたこともあって、イイ意味でのスタートレックらしさ重厚感がありました。
今回はアクションや見栄えはいいけど、中身が無かったような印象です。
半年も経てばほぼ確実にストーリーを忘れてしましそうです。
それでも、このリブートシリーズも3作目となりメインクルーのキャストにも愛着が出てきて、楽しみになってきました。
特にマッコイ、スコッティー、スールーのサブキャラ3人はとてもいいですね。
そのサブキャラの中で、チェコフ役のアントン・イェルチンさんがこの作品の公開直前に事故で急逝されおり、残念です。
今回から登場の新キャラも最高にイイ感じ、ファンになりました。

今回もこれまでのリブート同様の「ケルヴィン・タイムライン」に沿った作品なので、中途半端にスタートレックを知ってると余計混乱するかもしれませんが、これが初めての人やあまり詳しくない人には十分に面白く感じさせる今回の作品でした。
これはこれでアリだという気もします。~長いシリーズ作品の宿命かも。
出来ればリブート版の前々作、前作を見ているほうが面白さは倍増です。

で、ここからが本題?
そうです「4DX」初体験です。
これは明日に。
映画評「アーロと少年」
2016年03月27日 (日) | 編集 |
久しぶりに映画評。

お題は、3/12から公開されたピクサーの最新作。
1450927696156-300x240.jpg

「アーロと少年」
★★★ 70点
一言感想「背景CGがすごすぎ」

吹き替えで鑑賞しました、基本ピクサーはハズレなしで公開されればずっと劇場で鑑賞していました。
しかし、前作「インサイドヘッド」は初めて劇場では見ませんでした。
何となく、スッキリしない感じがあったんですよね、イマイチ作品な予感というか。
実際、レンタルで見た感想は、「う~ん、どうしたピクサー!?」というものでした。

ここで、アーロの話題に戻ります、この作品もTVで見る予告編はなんとなくイマイチ感がありました。
どことなくFOXの名作「ヒックとドラゴン」を思わせます、本来判りあえない存在同士の心がつながる系の話。
・・・ま、実際その通りといえばそうなんですが。
隕石によって絶滅をまぬがれた恐竜は、家を持ち、農業(草食竜)、牧畜(こちらは肉食竜)を行う位に進化してます。
反面、人類はけだもの並みの新参者で、四足歩行で、言語コミュニケーションはほぼ皆無。
臆病だけど優しい恐竜と野性味あふれる人間のコンビ、なかなか捻りが効いています。
恐竜のアーロが少年に「スポット」という名前を付けるあたりもユニークです。
前半の父親との別れのシーンには涙。
~完全に父親側に感情移入してます。
予想通り、クライマックスはアーロとスポットの別れのシーン。
言語コミュニケーションが成立しないので、仕草と表情でお互いの気持ちを表現。
さすがに、ここは泣かせます。判っていてもね。
ただ、このシーンに来るまでに、お互いに必要として心が結ばれていても、その住む世界が違うという事を、もっともっと伏線として描いてれば、その別れが数倍にも泣けたのに・・・。
アーロは激流に流されたり、高いとこから何度も落ちたりと色んな目にあいますが、多少の怪我こそすれ基本無事です。
アニメだし、主役だし、そりゃそうだといえばそれまでですが、「お前は不死身かよ」とツッコミの一つも入れたくもなります。
多少ご都合主義的なシナリオとやや捻りの無い演出に、いつものピクサーらしい深みがないなぁと感じます。

今回特筆すべきはその映像。
水の表現が多いのですが、絶句するぐらいに実写並みです。
計算が複雑な水面や飛沫の表現が凄まじく、映像の力で圧倒されます。
その実写と見まがうばかりの風景の中で、デフォルメされたフォルムを持つキャラクターが動き回ります。
この辺りは流石ピクサー、すごいもの見せてもらったと感心しました。
CGってここまで来てるんですね。こればかりは場面写の画像とか見てもイマイチぴんと来ないかも、精細な動画で見ると驚きますよ。

ケチも付けましたが、ピクサークオリティーで水準以上に仕上がってます。
見て損はないと言えます。
日本版ラストに流れるkiroroもいい感じです。

例によって、本編前に短編アニメーションが上映されますがこの「ボクのスーパーチーム
スーパーヒーローとヒンドゥーの神々のハイブリッドで、インド系のサンジェイ・パテル監督自身の思い出を映像化したもの。
絵を描くことが好きだった移民の少年、最後に映る実際の写真含め、なんだかじんわり来るいい作品でした。
因みに「アーロと~」のピーター・ソーン監督の2009年の短編「晴れ ときどき くもり」も傑作です。
ピクサーの短編にハズレ無なのは変わりませんね。

次回作は、あの名作の続編「ファインディング・ドリー」
これで持ち直すか?
個人的には、あの続きをやるの?な、2018年公開「トイストーリー4」が気になります。
・・・ロッキーやターミネーターじゃないんだからさ、もう止めようよ。(笑)

サンダーバードが帰ってきた!!
2015年08月17日 (月) | 編集 |
もはや月刊以下の更新ペースになり果てたこのブログですが、このままにもしておけないので再開させます。
ま、更新を止めちゃった理由も「面倒だから」と云うものでしたし。
更新が無い期間に訪問いただいた皆様には申し訳ない・・・m(__)m

tb2015_01.jpg

「サンダーバード ARE GO」
あの「サンダーバード」の新テレビシリーズがようやく日本でも放送開始されました。
放映局はやはりNHK総合。放映権を取得したのはこちらもお馴染の東北新社。

いや~、待ってましたよ、本国では4月から放送が始まってましたので。
この新シリーズでは人物とメカをCGアニメーションとして、背景の一部はミニチュアセットを組んで撮影する手法を採用しており、ライブアクションとCGだった2004年版からガラリと変更
あの悲しい気持ちになった2004年版は無かった事にしてくれたようです。(笑)
好きなヒトはカウントダウンととも5号から1号が紹介されるオープニングだけで鳥肌ものです。
「うわ~、サンダーバードだぁ!!!」

それにしても、オリジナルのリメイクというかリブート版なので、あの雰囲気がそのままで、アップデートされています。
設定等に一部「?」な部分もありますが、この辺りはドラマが進めば納得出来るのかもしれません。
この感じは「宇宙戦艦ヤマト2199」の時に感じたものに近いかも。

とにかくメカがカッコいいです、ただ5号の変貌ぶりには驚きましたが。
とにかくこの1号の発進シーケンスを見て下さい。
これで盛り上がれないヒトとは友達になれまいかもしれません。
当然、声優も一新されていますが、人気声優を持ってきているようなので、違和感なし。

放映がやや不定期なので、キーワード自動予約が吉。
9月放映の第5話には「ファイヤーフラッシュ」も登場です。

NHKでは60年代のオリジナル版もいくつかのエピソードを放送するようです。
~予告では16:9の画面だったので、スカパーと同じワイドHD版素材かも。

新サンダーバードは盛り上がるか?
いずれにしても、新メカのおもちゃが欲しくなる事間違いなしです。

ダースベイダーとミッキー。
2012年10月31日 (水) | 編集 |
今日はこの報道、大きく扱われると思うので、ここで書くまでもないですが。

lf01.jpg

ディズニーがルーカスフィルムを買収
おそらく世界一有名なインディーズ製作会社であったルーカスフィルムが遂にメジャーの傘下に。
しかも相手はスターウォーズシリーズの配給で長くパートナーだった20世紀フォックスではなくディズニー。
ルーカスの弁による「スターウォーズは私を超えて生き続ける・・・。」あたりがキモでしょうか?
キャラクターも含めた世界観を伝承するのが一番得意なスタジオがディズニーですから。
事実上、ルーカスの引退発言ともとれますね。


今回の買収報道で一番驚いたのは、スターウォーズの新作、何と「エピソード7」の公開予定が明らかになった事。
公開は2015年だそうですが、ついこの前の3D版EP1のインタビューでもルーカス自身はサーガの続編は否定していたのに・・・。
う~ん、複雑。

キャラクター、版権ビジネスが得意なディズニーの手に渡ったスターウォーズ、この先どんな展開が待ち受けるのか、一ファンとして気になるところではあります。

テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記