読んだ本、聴いた音楽、観た映画、その他よろず雑記。とりとめなし・・・。
ペネロペ再び。
2010年03月13日 (土) | 編集 |
今日はカワイイものを。

moe.jpg

MOE 2010年4月号
今月の、MOEの特集は、久々に「リサガス」と「ペネロペ」!!
巻頭で30Pに渡ってオールカラーで特集が組まれてます。

「リサとガスパール」日本上陸10周年記念
リサとガスパール&ペネロペのすべて

気になる内容は、
◇作者アン&ゲオルグ夫妻のパリの新しいアトリエを訪ねて
◇リサとガスパールが活躍する世界
◇アニメも魅力のペネロペの世界
◇ここが違って面白い!リサとガスパールvsペネロペ
◇絵本の舞台 パリの町をめぐりましょう
◇『リサとガスパールの クッキングブック』でかんたんなお料理を作りましょう
◇リサとガスパール&ペネロペ最新情報
と云う事で、ファンも納得です。
オマケに
・MOE特製 リサとガスパール&ペネロペ シール付き

もう、買うしかないでしょう。(笑)

普段は、この雑誌買う事は無いですが、今回も濃く特集されてます。
前回のペネロペ特集から4年位経ちましたかね~。
前回は買い損ねたので、図書館で借りて読みました。
~バックナンバーは売ってたかもしれませんが。
作者へのインタビュー記事は興味深かったです。

紙面では、若干、リサガスのほうが比重が高いですが、イイんです。
ペネロペが載ってれば。

他にも、「ピーター・ラビット」に、「ピングー」、そして「しばわんこ」と、なかなか楽しい本です。
毎月買う気にはなりませんが・・・。

しかし、この本コンセプトは、「メルヘン・ファンタジー&イメージアート」だそうですが、想定してる読者はどんなヒトなんでしょうか?
紙面の構成から、当然大人向けです。
絵本とかが好きな大人の女性でしょうかね。
¥850という価格は微妙です。
雑誌のタイトルも微妙「MOE=萌え?」・・・きっと違う(笑)


penelope0085.jpg

3月17日から東京で原画展が開催されます。
場所は松屋銀座8F催物会場。
150点もの原画の他にも、今回も書き下ろし作品の即売があるそうです。
なんとなく、阪急のものとは別の内容になりそうなので楽しそうですね。

残念ながら、阪急バージョンと違って、入場料が必要ですが、落ち着いて見られますよ。
会期は2週間くらいなので、お見逃しなく。

遠くて観にいけないのが残念。


いつもと違ってカワイイ話題でした。テヘッ。

スポンサーサイト
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
ペネロペ大人買い。
2009年11月30日 (月) | 編集 |
昨日に、引き続き「ペネロペ」です。

ペネロペの第2シリーズのDVDが発売されていると書きましたが、全4巻を揃えました。
見逃してる話もあるし、どうせなら、全部という「大人買い」です。
原画は買えませんが、DVDなら買えます。(笑)
「リサガス展」でも、山積みされていたのですが、特に購入特典も無かったし、定価だったので、安いamazonで購入しました。
penelope.jpg


「うっかりペネロペ」第2シリーズ
4枚、全26話とはいえ、1話5分なので、あっという間に見てしまいました。
相変わらず、よく出来ています。
第1シリーズから3年が経過して、機材が新しくなったのか、技術が向上したせいか判りませんが、CG部分は更に自然に見えるようになってます。
若干、彩度が上がったというか、派手な色遣いになってるような気もしますね。
教育的には、・・・な場面もありますが、子供視点のリアルさ優先で描かれていて、かわいい空想やいたずらが一杯です。特に空想シーンのファンタジックさは楽しいです。
因みに、ペネロペは三歳のコアラの女の子です。~同じくらいのお子さんがいる家庭では、たまらないのではないでしょうか?
所謂ただの「イイ子」ではない、ペネロペにはお子さんも絶対ハマるはず。
ナレーションの能登麻美子が、とてもいいです。「ペネロペのうっかりやさん。」のフレーズには、癒されますよ。
ペネロペの声は、「工藤あかり」ちゃんがアテてますが、演技力抜群です。
あまりの上手に、最初は幼い声の声優かと思いましたが、本当の子供でした。
前回から3年経ったので、少しだけ幼さが薄れましたが、相変わらず上手です。
penelope5.jpg
ペネロペと声を担当する、工藤あかりちゃん。
~木村カエラが出てる「クレラップ」のCFで、オカッパの女の子です。

フランスの絵本作家の作品を、日本でアニメにしたものですが、世界中の子供に通用するアニメ作品だと思います。
~フランスなので、家族で長期バカンスに行ったりするのがアレですが。
制作は、日本アニメーションと白組ですが、ホントにいい仕事してます。
あの3DCGの部分を、白組が手がけてます。~「ALWAYS三丁目の夕日」も、この会社がCGをやってるといえば、その実力が判ると思います。
贅沢に作られ、子供向けだからという、手抜きは一切感じさせませんね。
こういうのを、余裕で作れるのがNHKのスゴサでしょうね。

ペネロペを知らなかったけど、興味を持たれた方はこちら
~オフィシャルサイトのプロモーション映像が見られますよ。

penelope4.jpg

DVDは、これまで同様、見開きデジパックの可愛いパッケージですが、これ子供のいる家庭ではボロボロになるような気が・・・。なんせ外側は「紙」ですから。
それと、何故片面1層収録なんでしょうか?2層ディスクなら楽勝で、2枚分入るし、若干圧縮すれば4枚でも、1枚に入りそうです。
~そこまでしろとは言いませんが、ちょっとバラし過ぎ。1枚は¥2800とそれほど高価ではありませんが、4枚買うとキツイです。
ディスクも増えてエコじゃないし、もうちょっとなんとかしては?
キッズものって、こういうナメた仕様のものが多いですよね。いくら2000円台とはいえ、収録時間30分くらいとは、コストパフォーマンスが悪すぎます。
~実際に店頭で、お母さんが、欲しがる子供に「こんなん、ちょっとしか入ってないないじゃない」って云ってるの見たことがあります。
意外と主婦はチェックしてますよ。
玩具感覚にしては若干高価だし、ホームライブラリー用としては中途半端な収録時間。
この辺りのメーカー感覚は、マニア向けアニメと同じですね。~あちらはTV放映のアニメが3話で¥6000位しますし。
キッズ向け→安くなきゃ買わないんだから、短くてもいいだろう。
マニア向け→どうせ買うんだから、高くてもいいだろう。

マニア向けアニメDVDといえば、遂にバンダイビジュアルが廉価販売を始めましたね。
これまで、この手は一切廉価再版しない会社だったので驚きました。
夏には、「ガンダム」、いまは「攻殻機動隊」や「パトレーバー」等が安くなってます。
ヘビーユーザー層のBlu-ray移行がある程度進んだので、パッケージとしてのDVDの戦略を一部変更したんでしょうか?
~相変わらず新作は「強気の高額」ですが。

元祖「うっかり」といえばこの人。
hachibei.jpg
高橋元太郎、歌手だったのになぁ・・・。


テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
本物のペネロペ。
2009年11月29日 (日) | 編集 |
阪急百貨店で開催中のイベントに行ってきました。

「リサとガスパール絵本原画展 2009」
今回は、同じ作者による「ペネロペ」の原画が来てるようなので、行かないわけにはいきません。

入場無料のイベントなので、やたら人がたくさんいました。
~当然、興味は無いけどなんとなく来た人も多数なので、意外に原画はゆっくり見られました。
何故か物販コーナーだけは身動きできないほど混雑してましたが。
penelope1.jpg


展示70点のうち、メインは「リサとガスパール」なので、ペネロペは20点程度でしたが、絵本の表紙で見慣れた原画もあり、油彩の原画ならではの、本物のタッチとかも、よく見ることが出来て、楽しめて満足しました。

何と、展示会用に書き下ろされた原画の即売も行っていて、すごく欲しいのがあったので、5分くらい絵の前で悩んでしまいました。
飾ってあげるとこがないんであきらめましたけど。
600×300位のサイズで、¥470,000!
絵の値段て、よく知らないんですが、思ったよりは高くないんですね。正真正銘の1点モノですよ。
絵柄は、子猫と遊ぶペネロペです。
penelope10.jpg

「リサガス」のものは結構、売約済みになってましたね。
やっぱり、欲しい人は欲しいんだよなぁ~。

阪急オリジナルのグッズもあり、物販はすごく混んでいたのですが、どうしたわけか、限定のチャリティピンズセットのとこだけ誰も居なくて、あっさり買えました。
事前の情報では、このピンズが大人気・・・と思って狙ってたんですが。
この2種のピンズ(スワロフスキー埋め込み!)で、¥600、しかも、WWFのチャリティになってます。
~普通、コレいかないか?マグカップとかもいいけどさぁ。
penelope3.jpg
イイ感じでしょう。

このイベント、撮影禁止なのですが、本気のデジカメ持参で撮影してる人も結構いました。
携帯で撮ってる人は、ほぼ全員かも・・・。自分も人の事は云えませんけどね。
真剣にアングルとか考えて原画だけを撮ってる人も・・・絵本買えよ!
とにかく、無料イベントなので、人が多くて無法地帯でした。(笑)

NHKで放映の「うっかりペネロペ」も、第2シリーズのDVDが発売されました。
このアニメって、素朴な手書き風に見えて、実は3DCGという恐ろしく手の込んだ作品です。
CGを使ってるのは知ってましたが、「MOE」って雑誌の特集で、かなりのオブジェクトが3Dモデリングされたものだというのを読んで驚きました。
penelope0.jpg
この手書きの原画そのままの絵柄が動くんですよ!

そういう技術的な事別にしても、本当に見る度に癒される良質なアニメです。
いま、放送終わってますが、また再放送があると思うので、機会があれば是非ご覧ください。

メインの「リサガス」もかわいいんですが、ペネロペほどの思い入れがないので、サラッと見ただけでしたけど、やっぱり原画は素晴らしいですね。引き込まれます。


買って帰ろうと思った「堂島ロール」も、整理券終了で、1時間後の配布の為に既に50人以上の列。
・・・こちらも諦めました。


テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記