スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落差43m、琴滝。
2014年09月23日 (火) | 編集 |
気候が好いので、近郊までドライブと云う事で、京丹波町の「琴滝」に出かけてみました。

kotodaki03.jpg
場所は、京都縦貫道の丹波ICからすぐです。
いつも丹波IC通るたびに「琴滝」の看板が気になっていたんですよね。

で、琴滝、京都の自然200選のひとつで、地味ながらもなかなかの景勝地でした。

丹波ICのすぐそばとは書きましたが、案内看板に沿って進んでいくと、大丈夫?と思う狭い道に。
舗装されているので、そこまで不安にはなりませんが。
で、2km位走ると駐車場です。

そこにクルマ停めて、そこからは遊歩道を歩きます。
駐車場わきの案内看板には、滝まで徒歩2分て書いてありましたが、のんびり歩くと5分はかかります。しかも緩いとはいえ上り勾配ですし。

kotpdaki01.jpg
こんな感じの雰囲気のイイ遊歩道です。
落ち着いた空気が流れていて心地いいです。

で、辿り着くと「琴滝」です。
kotodaki02.jpg

落差43mのなかなか立派な滝です。~京都府最大の落差との事。
勇壮に流れ落ちるというより、名前通り、琴の糸のように流れ落ちてくる雰囲気です。
前述の看板に「数々の映画も撮影された」と書かれていましたが納得の繊細な美しさでした。
これからの紅葉の時期に行くと相当キレイなんじゃないかと思います。

周囲にこれといった観光地も無く、派手さも無いので、自分たちの他には3組位しか人がいませんでした。
みんな写真撮ってました。
穴場かもしれませんが、滝以外に見るもの無いからなぁ・・・。

とりあえず、お勧めです。

スポンサーサイト
宵山2014
2014年07月20日 (日) | 編集 |
祇園祭の前祭(さきまつり)宵山に出かけてみました。
~京都在住4年目にして初めて、勿論人生初。

祇園祭は、由緒ある祭礼らしく、日程が曜日関係なしで決められてるので、平日の夜と云う、なかなか厳しい条件。
それでも、当日の夕方からはどの駅周辺やバス停にも浴衣の人が多く見られます。
そんな京都人が楽しみにしてる大イベントです。

で、最寄駅から電車で行きましたが、もう着いた途端に駅の中がスゴイ事になってました。

yoiyama2014_01.jpg
混みまくりの烏丸駅。

で、ここから烏丸通と四条通の歩行者天国が会場なのですが、とにかく混んでます。
各町内の山鉾見ながら夜店をひやかすといった感じなのですが、身動きとれません。

yoiyama2014_02.jpg
山鉾からお囃子も流れていて、京都らしい雰囲気は堪能できました。
近くで見る山鉾はほんとに大きいです。

因みにこの夜の人出は34万人だったそうです。
数字だとピンとこないかも知っれませんが、半径300m位(?)にこれだけの人がいたのですから、そら混むわ。

若狭湾の絶景のはずが・・・空山展望台。
2014年06月29日 (日) | 編集 |
お出かけしてきました。
「若狭湾国定公園 空山展望台」

ふと思い立ち舞鶴へ。
目的地は若狭湾の海岸線と磯遊び。

京都市内は晴れてましたが、ちょうど着いた頃に激しい雨。
一気にテンションが下がります。
磯遊びは諦めて、何か替わりに観光でもと云う事で。
府道21号沿いに「空山展望台」の文字。
きっと若狭湾が望めるのだろうとそちらにハンドルを切ります。
いきなり道が狭くなり、おまけに路肩の草木が伸び放題で不安にさせてくれます。
そんな状態で10分以上登っていくと、ありました展望台。

wakasa02.jpg

しかし、この日は前述の通り天候不順。
と云う事で絶景はお預け。
ご覧の通りです。

wakasa03.jpg
どこもかしこも遠景は白いだけ。
写真だと空と海の区別さえつきませんね。

思わず「霧の海」を思い出しました。
・・・こちらは本物の海ですが。
日曜なのに展望台は貸し切り状態。誰もいないのもスゴイですね。

その後も降ったり止んだりの繰り返し。
国道27号に出て、若狭湾沿いのドライブは中止。
173号から9号と面白みのないルートで帰宅。

なんだか消化不良な一日となりました。

wakasa01.jpg
変り映えしないCX-5です。
曇りや雨に日は、シルバーのボディカラーが何となくイイ感じに見えます。
地味ですけど。

雪の京都。
2014年02月15日 (土) | 編集 |
昨日の雪は、京都市内にも積もりました。

140214_02.jpg
で、久々に雪化粧の京都市内。

景観的には風情がありますが、すごく寒いし、街中が渋滞で困りました。

140214_01.jpg
寒いというイメージある京都ですが、意外な位に市内に雪は降りません。
~寒いのは寒いですが。
特に積もるほど降ったのは自分の記憶だと、ここ5年位で3回目のような気がします。
それ故に、みんなスタッドレス履いてません。積雪、即渋滞です。(泣)

思わぬ、ホワイトバレンタインになりました。


テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
台風18号、特別警報・・・。
2013年09月17日 (火) | 編集 |
全国版のニュースでも大きな扱いだったので、ご存じでしょうが、この度の台風18号で京都市に「特別警報」が出ました。
先月末の運用開始から早くも。

kyodeza02.jpg
とにかく16日は朝の2時位から携帯に災害警報が入り始めました。
その都度、警報音とアナウンスがなるので、嫌でも目が覚めます。
30分程度のサイクルで、更新された警報が入ってくるので、全く眠れません。
自分の居住する区でも、一部地区では避難準備が避難勧告になっていたりして、なかなか緊張感もあり、結局夜明けまで眠れませんでした。
確かに、窓の外の雨と風の音も尋常じゃない感じですし。
5時半くらいからは、ひたすらNHKの速報見てました。
報道の中心が京都なんで、まるでローカルニュースを見てるようでしたが、全国版だったんですよね。変な感じでした。
TVで嵐山の状況見て驚きました。何度も行ったよく知ってる場所が大変な事に。

結局、雨が上がった時間から晴れはじめ、午後にはまさに「台風一過の青空」が
被害にあわれた方は本当にお気の毒だと思いますが、去ってみればあっけない感じです。

kyodeza01.jpg
台風一過の本日9/17の「渡月橋」
めっちゃ青空です。緑とのコントラストがキレイ。
・・・川は濁ってて、流れも激しいです。
色んな意味で注目されたので、観光客も濁流を撮影してるヒトが多いような気が・・・。


住んでると判るんですが、千数百年もの間、大きな災害や戦災に見舞われてないので、何となく、京都って安心な町のイメージがあるんですよね。もちろん住んでる人にも。
生粋の京都人であればあるほどこの感覚が強いようです。
~戦災といえば「応仁の乱」・・・という世界ですから。
そんな京都でも、こんな事があるんですね。

自分の住んでるとこは、京都市内でも、やや高い場所にあるので、ここが浸水する時は、京都市全域が浸水すると思います。
それよりも、自分の居住してるエリアは活断層の真上らしいので、そちらのほうが怖いです。

「備えあれば憂いなし」・・・なんでしょうかね?


テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。