読んだ本、聴いた音楽、観た映画、その他よろず雑記。とりとめなし・・・。
松任谷由実@京都ロームシアター2017/08/23
2017年09月12日 (火) | 編集 |
遅ればせながらですが8月に松任谷由実のライブに行ってきました。
・・・完全に月刊誌ペース。

ユーミン史上でも最大規模のツアーですし、新作「宇宙図書館」を気に入っていたので、行く気満々のこのツアー。
申し込んではハズレの末に、なんとか京都のチケットが取れました。
で、自分としては初めての「生ユーミン」です。

yumi17_05.jpg

松任谷由美 コンサートツアー 宇宙図書館 2016-2017 
@京都ロームシアター2017.08.23


本日時点でツアーも残り数本、ネットにも既に大量に情報が書き込まれてるので、セットリストから。
~ほぼ固定です。
yumi17_02.jpg

宇宙図書館 2016-2017 @京都ロームシアター2017.08.23

Opening
01.宇宙図書館 ★
02.あなたに会う旅 ★
(衣装替え)
03.影になって
(衣装替え)
04.AVALON ★
05.BABYLON
06.夢の中で~We are not alone,forever
(衣装替え)
07.ひこうき雲
08.Midnight Scarecrow
09.リフレインが叫んでる
(衣装替え)
10.月までひとっ飛び ★
11.ルージュの伝言
12.何もきかないで
13.Smile for me ★
(衣装替え)
14.残火 ★
15.満月のフォーチュン
16.破れた恋の繕し方教えます
17.真夏の夜の夢
(衣装替え)
18.ダンスのように抱き寄せたい
19.気づかず過ぎた初恋 ★
20.GREY ★
 -1st encore-
21.星になったふたり ★
22.【メドレー】
 DANG DANG
 14番目の月
 守ってあげたい
 埠頭を渡る風
 真珠のピアス
 オールマイティー
 春よ、来い
 カンナ8号線
 DESTINY
 -2nd encore-
23.卒業写真

流石アルバム「宇宙図書館」のツアー、なんとアルバム収録12曲中9曲が演奏されました。(リスト★印)
新曲を9曲も演るなんて意欲的ですね。自信あるんでしょうね。
ホントにアルバム聴きこんでおいて良かった。
因みにあのアルバムで自分が好きなのは、切ない「宇宙図書館」、アランパーソンズプロジェクトみたいな「AVALON」、メロがキレイな「気づかず過ぎた初恋」あたりです、全てライブで聴けました。うれしい。

しかし、ようやくゲット出来た席は何と4階・・・。
ステージ遠いよ。

ロームシアターの4階はこんな感じ。
1列目だったら怖くて立てないね。
yumi17_03.jpg
ステージ正面なので、全体の演出は良く見えますが、とにかく遠い。
ドームとか、スタジアムだと遠くてもスクリーンがあるじゃないですか、ホール規模のユーミンのステージはスクリーン無し。
肉眼では視力1.5の自分でもステージ上のユーミンの表情は全く判りません。
そこで、初めて、ライブに双眼鏡を持参しました。Nikonの8倍双眼鏡。
~おかげでユーミンのメイクや衣装も良く見えました。双眼鏡最高!!
yumi17_04.jpg

ライブの内容ですが、ステージ全体はプロジェクションマッピング、ステージセット、ダンサー、ライティングと凝りに凝っていて、目でも楽しむエンタメの王道ともいえる豪華なものでした。
ユーミンのコスチュームチェンジも多く、まさにビジュアルライブ。

M.C.が想像以上に少なくて、全般にライブ全体の世界観を優先したナレーションのようなM.C.でした。
~台本通りというか、やや固い印象
脱線して少々しゃべりすぎるタツロー先生と好対照。

肝心のユーミン、高音部が全然ダメ。劣化をハッキリ感じました。
ファルセット部分とかメロメロ。痛々しいくらいに。
ま、年齢考えれば仕方が無い事なんですけどね。ユーミン十分に頑張ってました。
それでも全体の印象としては、満足度の高い非常に良くできた素晴らしいライブでした。

とにかくバンドが上手い!
上から見下ろしてるので、バンドのやってる事が良く見えました。
ドラマーが曲によってスティックの持ち方をレギュラーグリップに変えたりとか、ギターがエフェクターボードを切り替えるとことか。
この視点は斬新でした。・・・双眼鏡様様。

やはり、2ndアンコールの「卒業写真」にはグッと来ましたね。
~高音部はアレでしたが・・・。

イイもの見せてもらいました。大満足、感動のライブでした。


スポンサーサイト
山下達郎@神戸国際ホール2017/07/01
2017年07月23日 (日) | 編集 |
今更ですが、自分の為の備忘録としてアップします。
もう7月も終わろうとしてますね~。

今回のツアーも観ること出来ました。
Very thanks T3000氏
tatsu2017_01.jpg

山下達郎 Performance2017@神戸国際ホール2017/07/01

今回も素晴らしいライブでした。
音楽を聴く喜びを素直に感じる事の出来るクオリティーの高いライブで大満足。

ツアースケジュールも残り少ないのでセットリストを

山下達郎 Performance2017@神戸国際ホール2017/07/01
ポケット・ミュージック (interlude)
SPARKLE
いつか (SOMEDAY)
ドーナツ・ソング (inc.夏への扉、ハンドクラッピングルンバ~Willie and the Hand Jive)
僕らの夏の夢
風の回廊
Guilty [鈴木雅之提供曲]
FUTARI
潮騒
ターナーの汽罐車 (acoustic set)
It's Not Unusual [Tom Jones]
THE WAR SONG

-a cappella part-
SO MUCH IN LOVE [the Tymes]
Stand by Me [Ben E. king]

クリスマス・イブ~Interlude JOY TO THE WORLD
蒼氓(inc.People Get Ready~Blowin' In The Wind~私たちの望むものは~希望という名の光)
Get Back In Love
メリー・ゴー・ラウンド
LET'S DANCE BABY(inc.Summer Time blues~Summer time~A Summer Place~愛を描いて~LOVELAND,ISLAND)
高気圧ガール
CIRCUS TOWN
-encore-
ハイティーン・ブギ [近藤真彦提供曲]
Ride On Time
Down Town
YOUR EYES
tatsu2017_03.jpg

定番曲が無かったり、意外な曲を演ってくれたりと最近のセットリストの中ではかなり好きです。
やはり「夏のタツロー」(笑)らしく、明るい曲が多いのがイイですね。
MCの中でも「今回はアルバムプロモーション的な位置づけが無いので、好きな曲をやります」との事でした。
まさにその通り、セットのラストが「アトムの子供」じゃなくて「CIRCUS TOWN」なんて。
アカペラコーナーも超メジャー曲選んでます。
また、提供曲を2曲も演るなんて珍しいですね。
マッチの曲でアンコールなんてシャレが効きすぎてますが。

今回は、ご当地プレート買えました。
ホントにうれしい
ここ何回か物販に並んだときには売り切れてました。
今回もコレ買うために20分以上並びましたヨ。
tatsu2017_05.jpg

こうして並べるのがうれしい。

あと、今回初めて証明書で入場というのをやりました。
同行者は某アイドルで慣れっこなので余裕でしたが、なんかドキドキ.
tatsu2017_02.jpg

こういうの巻いてもらえます。
フェスみたいだね。

達郎先生、次はニューアルバム?
楽しみです。

しかし、もう1カ月近く前なんだよね~。
もっと真面目に更新しよう。(反省)

ジョン・ウエットン逝く・・・。
2017年01月31日 (火) | 編集 |
元クリムゾン、UK等で知られる、エイジアのジョン・ウェットンが1月31日に亡くなりました・・・。
癌闘病中とは聞いていましたが、享年67歳。

あの声と歌い回し、太い音のベース・・・。

すごい喪失感です。

jw_rip.jpg

UKリユニオンでのエディとの2ショット

そういえば、UKボックスの記事書いてませんね。
これ書こうと、最近はUKばかり聞いていたので、余計にショックです。

彼の理想の3分間プログレ。
もう新しく聞く事は出来ないんですね。

安らかに。
ようやく届いた「究極のUK」
2017年01月22日 (日) | 編集 |
気が付くと2017年1月も下旬。
月日が経つのは早いですね。


オーダーからほぼ1年
昨年の2月に発売情報が出て、再三の発売延期、初回プレス完売を経て、ようやく手元に届きました。

「UK: Ultimate Collector's Edition」
16CD+4Blu-ray Audioの18枚組の完全生産限定盤です。
その生産数、全世界1000セット!
uk_ult01.jpg

自分は、最初日本のAmazonで予約していました、3月の予約時点で税込み¥24800!
情報見た瞬間には、「買わねば!」と思いましたが、よく考えると、UKのオリジナルアルバムは3枚とも30周年リマスターを持っています。
当然オリジナル盤も、アナログ盤も所有しています。
しかも、公式初収録のライブは有名なブート音源で、これも所有しています。
つまりある1点以外には、強烈な魅力は無いボックスです。
しかし、そのある1点の魅力は強烈過ぎました。
それは、オリジナルは1枚組だった79年ライヴ盤 "Night After Night" が公演全曲を収録した2枚組の拡張版に仕様に変更されてるんです。
これは抗えない。トリオ時代の最高のライブが公演全曲聴けるなんて。
気が付くと、予約をポチッと。

その後、懐状態が悪くなる度に、高額商品なので、何度もキャンセルしようかと思いましたが、キャンセル以前にサッパリ発売される様子がありません。
Amazonからは4回ぐらい、発売延期のメールが来ました。
で、いよいよ9月に、ついに10月くらいには発売されそうとの情報を得ました、その時点で「待てよ?」と思い米国Amazonのサイト見ると、何と$165で予約受け中じゃないですか。
覚悟決めて、日本でキャンセルして米Amazonで予約しました。

ネット見てると10月下旬に無事発売されたようです。
が、商品は届きません。
Amazonのステータス見ると、12月にお届け予定になっています。
やはり初回プレスは完売したようです。
追加プレスがあるようで、自分のオーダーはそちらから手配される様子。
12月に入ると、1月お届け予定に更新・・・。
もしかしたらもう手に入らないのかな・・・という気持ちに、日本のAmazonでは中古でも4万位と高値で取引されている様子。

縁がなかったんかなと思い始めていたところ、1月の第2週にいきなり発送メールが。
「おお!」と待つ事、1週間で米国から大きな箱が届きました。
発送時のメールによると最終的に購入金額は¥17465だそうです。
国内アセンブル仕様の約半額。
18枚組なので、1枚¥980・・・そんな計算してどうする(笑)
なんとか、納得できる価格で手に入りました。
uk_ult02.jpg

この商品、まだ買えます。
もちろん日本でも買えますが、輸入盤で¥29000程度、ブックレット日本語訳が付属の国内アセンブル仕様はお値段は税込み¥31860!!

米Amazonにはまだ在庫がるようです。
$149.98(2017.1.22現在)、絶対こちらはお勧めです。
英Amazonにも在庫はあるのですが、こちらは£181もするのであまり魅力がありません。
英Amazonで買うのなら手間を考えると国内のサイトで輸入盤買うほうがいいと思います。

まさか次のプレスがあるとは思えないので、初回で買い逃した方は今がチャンス。
興味の無い人にはデカイだけの邪魔ものですが、マニアにはお宝ですよ。
万が一、ライブ拡張版が単品売りされたりすると一気に価値が半減しますけど・・・。

え、肝心の中身?

それは明日以降にご紹介。
無料のspotifyって。
2016年10月11日 (火) | 編集 |
「spotfy free」ってどうなの?

spotify freeを1日使用してみました。
BGM代わりが欲しいときには最高です。
適当なプレイリストを流せばいいんですから。
プログレマニア向け等と云う素晴らしいプレイリストもありました。

spo5.jpg
iPhoneの再生画面

肝心の"無料"での使い心地は・・・。

まずおさらい、無料版の制約は
・好きなタイミングで再生出来ません
・時々広告が入ります
・オフライン再生が出来ません
・最高音質が選べません

最初何の事かイマイチ理解出来なかった「好きなタイミングで再生」
言葉だけ聞いても意味か判らない人も多いと思います。
実はコレ、シャッフル再生をキャンセルして、好きなタイミング=好きな曲を好きなように聴けるということなんです。
無料版のiPhoneで聴くspotifyは全て相手任せのシャッフル再生です。
検索でアーティストや曲を見つけても、それが含まれるプレイリストがシャフル再生されるんです。これがヒジョーにつらいです。
まあ、嫌ならお金払ってねと云うことですね。spotifyさん有料プランへの持って行き方が上手いです。
これが、無料版は冒頭2分だけ再生とかなら、速攻で削除ですが、曲自体は一応ちゃんと聞けるんですよね。
~なかなかお目当ての曲に辿り着けないけど。
あと、当然ですが無料版はストリーミング専用、これがダウンロード出来ると全然便利です。
通信料節約できるし。
spo6.jpg
問題のシャッフルプレイ中(泣)

因みにタブレット版はPC版と同じで、ダウンロードこそ出来ませんが、好きなタイミングで再生できます=好きな曲を聴き放題。

どっぷりとハマってみて(たった1日ですが)思ったのは、こりゃパッケージ(CD)いらねぇなと云う事。
悲しいけど、そこまで音楽に思い入れなければ無料版でも全然OKです。
全ては無いけど殆どあります、自分の部屋の壁を埋め尽くすCDを見て、何とも言えない気持ちになりました。

しばらく使いながら考えます。
一番活躍してほしいのは移動中の車内ですが、これはストリーミングはキツイなぁ。

¥980かぁ・・・。
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記