スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CX-5、車検。
2015年06月09日 (火) | 編集 |
ついに3年と云う事で、我がCX-5が車検を迎えました。

新モノのエンジンなので、ディーラーにお任せ。
気になる料金は、税金、代行手数料を含む諸費用、整備、部品代で税込¥90360。
交換された部品は、ブレーキフルードとエアクリーナーエレメント、あとロングライフクーラントの強化剤の追加でパーツ代は¥9000程度。
代行手数料含む諸費用が¥48920なので、整備、部品代で約4万。
う~ん、やはりディーラー車検は高いね。

走行距離は3年で22000km程度。
・・・意外と乗れてません。
ま、週末しか乗らないから。

150516_03.jpg

走行距離「22222km」になったので写真撮ろうとしたら、こんなことに。
~運転中にこんな事しちゃダメです。

150516_01.jpg

チマチマと内装に手を入れていたので、地味派手な感じになりました。
どうあがいても、マイチェン後のインテリアにはかなわないんですが。

先週末は広島への日帰りで一気に800km運転しましたが、CX-5は快調です。

スポンサーサイト
雪に渋滞
2015年01月02日 (金) | 編集 |
今年も中国地方から東海地方への移動でした

150102_01.jpg
今年は、元日からの雪の影響で、中国自動車道、名神高速ともに、一時は通行止めという異例の展開
ようやく解除になったものの、Uターン渋滞…

150102_02.jpg
結局、11時間ハンドルを、握る羽目に

あけましておめでとうございます
2015年01月01日 (木) | 編集 |
今年も帰省先で迎えた新年です
150101_01.jpg

元日から結構な雪で驚きました

スタッドレス履いててヨカッタと思いました

しかし、ホントに寒かったです
150101_02.jpg

お昼の外気温は、−2℃


CX-5専用ストライカーカバー・・・。
2014年11月18日 (火) | 編集 |
久しぶりにパーツを装着しました。

dlock_04.jpg
ノーブランド品 MAZDA マツダ CX-5用 ドアロックカバー カスタムパーツ G-18

CX-5のドアロックストライカーはプレートが剥き出しです。
ま、見栄えを気にする部分かどうかはひとつ置いといて。
高級車や輸入車では、このプレート部分にもカバーが装着されているものも多く、見栄えにも配慮されています。
ただ気にしなければ全く気にならない部分なので、どうでもいいと云えばそれまでなのです。

で、アフターパーツとして、CX-5専用のストライカーカバーが販売されていました。
以前見かけた時には、このどうでもいいパーツが2千円位したので無視してました。

dlock_01.jpg
最近amazonでワンコイン以下の¥480(消費税、送料込)で販売されていたので装着してみました。
サイトの参考価格が¥5980と記載されているのが笑えます。



dlock_02.jpg
この剥き出しパーツに

dlock_03.jpg
装着するとこうなります。
多少見栄えは良くなりますが、いかんせん誰も気づいてくれません。
大体、普通は見えないし。
う~ん、自己満?・・・それが、どうしたと云わないで。

まさに自己満パーツの極北とも云えます。
装着した自分でも忘れてしまいそうな地味なパーツです。(笑)


CX-5、マイナーチェンジ情報。
2014年11月04日 (火) | 編集 |
先日、点検でディーラーを訪れた際に、セールスの方にマイナーチェンジしたCX-5の資料を見せてもらいました。
気軽に「見ます?」って感じなので、CX-5の見込みユーザーにはマイチェンの情報を開示してるようです。

社内資料なのでほぼ確定版です。・・・写真はNGなので、詳細は文字情報。
cx52015.jpg

外観でマイナー前と大きく変わるのは3か所。
フロントグリルは海外リーク写真の通り、水平ラインに変更、現行ではカモメマーク上部の黒い部分もグリルに一体化されます。
因みにディーラー情報では、フロントグリル部は現行モデルにもそのまま移植可能との事。
早くも交換を勧められました。(笑)
フロントライトがLED化、しかも常時ハイビームで可変配光の最新式になるようです。
・・・流石に、これは現行に移植不可と云われました。LEDは新型デミオのような配置。
リアランプ、これもLED化、意外と地味な感じ、こちらは移植可能かもとの事。
あと、19インチホイールのデザインが変更されます。やや細身でモダンな感じになってます。
他、細かいとこでは、フォグランプ廻りもデザイン変更、AWD仕様にライトウォッシャー装備とか。
フロントマスクはいじってますが、バンパーの形状を変更しなかったので、大きく印象変わるようなもんじゃないです。

内装は基本デザインはそのままに、質感に関わる部分は大幅に改善されてます。
アルミ架飾が増えました。大きく印象違うのは、シフト周り、なんとパーキングブレーキが電動スイッチ式に。
~スピンターン出来なくなります・・・いや、しね~よ。電動パーキング羨ましい。
リアシートはわずかに改良、但し今回もリクライニングは無し。
内装色に限定カラーだった「ホワイト系」が選べるようになります。資料の写真も白シートでした。
そして、マツダコネクトが標準装備になります。
安全装備としてクルコンが最新の追随式に変更されてるようでした。

cx52015_02.jpg
・・・アクセラでボロカス云われたマツコネですが、確実にバージョンアップさせているそうで、今回はAV機能も強化、特に不評だったナビソフトは日本製に変更されるそうです。
あのリモートコマンダーは輸入車っぽくてかっこいいんですけど、現在の市場評価は散々ですからね。

足回りや、エンジンに関しては殆ど触れてなかったように感じるので、大きくは変更無いようです。
i-ELOOPの搭載は無かったような気が。

流石に、3年目を迎えるマイナーチェンジなので、これまでの地味な年次改良とはスケールが違います。
ディーラーの説明では、改良にあたっては「現行ユーザーの声(=不満)」を一番に考慮したとの事で、きちんと予算をかけてフレッシュアップされています。

価格はこれまでより20万円程度高くなるようですが、マツコネ標準でモニター付きとなるので、実質ナビは5万のプラス(ソフト代のみ)で収まるので、現行にオプションナビ付けるのとほぼ同等との説明でした。

そういえば、ボディーカラーの追加とかは気が付いていません。
資料にはソウルレッドの写真のみだったような。

詳細が気になる人は、ディーラにに行けば資料見せてもらえますヨ。

12月発表との事なので、発表後には実車をチェックですね。
あの掃除し難いハニカムのグリルが、掃除が簡単な形状に変更されるのは羨ましいですが、正直デザイン的にはビミョー。実車だと案外いいかも。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。