トヨタ、復帰戦でいきなり表彰台。
2017年01月23日 (月) | 編集 |
WRC復活のトヨタが、初戦のモンテでいきなり表彰台へ!

「2017モンテカルロラリー」

toyota_momte.jpg

ヤリ-マティ・ラトバラの10号車トヨタ・ヤリスWRCが2位でフィニッシュ。
因みに優勝はセバスチャン・オジエのフォード・フィエスタWRC。

つまり昨年のVWチームのシリーズ1位と2位がマシンが変わってもそのままとも云えます。
ポロWRCも速かったけど、ドライバーも流石と云う事ですね。

とにかく、トヨタ本気のWRC復活は成功。
あとは1位表彰台ですね。
国内メーカーの復帰、活躍でまた日本でもラリーが盛り上がってくれれば。
・・・J-SPORTSに加入しようかな。

にこのヤリス、ご存知のよう国内ではヴィッツとして販売されています。
このヴィッツにWRC参戦記念モデルとしてGRMN限定仕様のスーパーヴィッツが発売されるようです。
なんと心臓はロータス・エリーゼSにも搭載する1.8Lスーパーチャージャーエンジン2ZR型を搭載。
1t程度のボディーに220psのベビーモンスターです。
もちろん足回りも強化されるはずです。
販売予想価格は350万円との事。
2013年に発売のヴィッツ GRMN Turboは152ps仕様で270万 限定200台で即完売でした。

今回も予約段階で速攻完売でしょうね。

スポンサーサイト
VW WRC撤退!
2016年11月05日 (土) | 編集 |
モータースポーツ界に衝撃のニュースが。

フォルクスワーゲンは11月2日、2016年シーズンをもって、WRCから撤退すると発表しました。

2016年シーズンのマニュファクチャラーズとドライバーの両部門でのタイトル獲得を確定させたばかりなのに。
つまり来年は1番速いマシンが出なくて、1番速かったドライバーは1番速かったマシン以外に乗ることになるって事です。
vw17_01.jpg

満を持して2013年WRCにシリーズ参戦したVW。
何とデビューから4年連続でマニュファクチャータイトルを獲得した名実ともに名車となった「ポロR WRC」が来年は出ないなんて。
何か、勝ち逃げじゃないですか~。

vw17_02.jpg

2017年シーズンには、遂に日本勢のトヨタが復活して面白くなる思ってた矢先なのに。
これで2017年はトヨタ、シトロエン、フォード、ヒュンダイの争いになります。

№1ドライバーであるオジェの去就も気になります。やっぱり古巣のシトロエン?
個人的に好きなラトバラはトヨタに乗ってくれないですかね。

WRCから撤退したVW、今後はその経営資源をクルマの電動化に向けるそうです。
同じグループ企業のアウディもこの10月26日に、常勝のルマンを含むWECからの撤退を表明したばかり、今後は何とフォーミュラEで戦うそうです。

これからは電気自動車なんですかねぇ~。
御堂筋をF1が走った!
2015年11月30日 (月) | 編集 |
11/29の日曜日、お出かけしてきました。
151129_05.jpg

「御堂筋オータムパーティー2015」
もちろんお目当ては御堂筋を 疾走するF1マシン。

御堂筋のイベントは10年くらい前に御堂筋パレードを見て以来。
橋下市制下で、イベント見直しされて初めて。

開始時間前には会場に着いたのですが、沿道を埋め尽くす人々。
いいアングルでの撮影はすぐに断念しました。
とにかく、人の隙間からでも道路が見えるところをなんとか探します。
で、予定時刻を30分も過ぎてようやくF1マシンのエンジン音が。
来る!って思ったら、目の前は一瞬で通過。
時速は100km/h程度らしかったそうですが、それでもホントに一瞬。
待ちに待った観客は全員が「えっ?」て感じで、自然に大爆笑が起きてました。
~もう笑うしかない。
何度か往復してくれるので、何とかそれなりには見えましたし、ビデオカメラで撮影もできました。

生で、市街地をF1が走るのを見るのはもう無いかも。
F1マシンとしては速度が遅いので(80km/h~100km/hってサーキットならシケイン抜ける時なんかの最低速です)、エンジン回転もそこそこで、つんざくような甲高い爆音こそ聞けませんでしたが、それでも迫力のあるエキゾーストノートは楽しめました。

続いてのフェラーリパレード、実車を初めて見るラ・フェラーリに感動。
151129_04.jpg

こんなアングルですが、肉眼ではバッチリ見えました。
世界限定499台、もちろん即完売。1億6千万円のフェラーリ様です。
~写真撮ってる時は気づきませんでしたが、背景がコーンズ大阪です。(笑)

151129_03.jpg
もちろんエンツォも参加。
黄色は始めてみました。いいですね、ミニカーみたいですが。

フェラーリイベントの後は飲み食いしながらブラブラで、イルミネーションの点灯を待ちます。
又もや、点灯予定から30分遅れ・・・。
30分遅れがデフォルトなのか?

151129_01.jpg
綺麗です、点灯の瞬間もビデオで撮れて満足。
ライトアップの中を歩けるのはこの日だけです。

しかし、疲れたわ~。


実車に感動!!ラリーの世界
2013年08月22日 (木) | 編集 |
お盆休みに帰省したので、広島市交通科学館で行われているイベントを見てきました。

ral_06.jpg
「ラリーの世界 限界へ挑む」
7/12~9/1までの企画展なので残りは短いですが・・。

何と、ラリーのイベントです。
関連資料や映像の展示もありますが、何といっても展示の目玉は実車。
そうです、モンテやサファリを駆け抜けた本物のマシン。
ral_10.jpg

ral_08.jpg

ral_03.jpg

12台のマシンが展示されていますが、特筆したいのは下記の5台
日産 フェアレディZ 240Z 1973サファリラリー優勝車
マツダ サバンナRX-7 Gr.B 1985アクロポリスラリー3位入賞車
トヨタ セリカツインカムターボ Gr.B 1985サファリラリー優勝車
トヨタ セリカGT-FOUR 1990サファリラリー優勝車
スバル インプレッサ 1996サンレモラリー優勝車

ral_05.jpg
特に初めて見るサファリの240Zには感動!!
日産のヒストリックカーは一般公開していないので貴重ですよ。
ral_04.jpg

雑誌でしか見たことなかったボロボロの240Zかっこよすぎ。
~リペアやレストアされていない、クリーニングしただけのまさに戦い終えた状態です。

ral_09.jpg
Gr.B仕様のRX-7も貴重ですね。
ミニカーで存在知りましたが、まさか本物見られるとは。

ral_02.jpg
サファリのST-165はワルデガルドのマシン
ral_01.jpg
カンクネンのTA-64

ral_07.jpg
そしてインプは今は亡きコリン・マクレーのマシン。
こんなにラリーカーが並んでるなんて夢のようです。
お盆企画(?)で、2012アジパシ仕様のランエボは運転席に座ることが出来ました。

このイベントに常設展も楽しんで、¥500!!!
安すぎます。
~TA-64やGr.BのRX-7はエントランスに展示されてるので、入館料払わずに見られますヨ。
因みに8/31には三菱で活躍した、あの篠塚健次郎さんのイベントも。

常設展は正直イマイチです。
特に3Fとかの無意味さは・・・。
公立の施設だと考えるとちょっと悲しいものが。
自分的には2Fのミニチュア天国でも十分楽しいですけど。
自分が持ってるミニカー数台とも遭遇して驚きました。
ただね~お盆休みなのに、来館者が少なかった気がします。
正直、地味な施設だし、場所も変なとこだしね。
・・・自分もこんな施設が広島市にあるなんて知らなかったし、ラリーのイベントやってなければ一生行くことなかったかも。


しかし、前回の蒸気機関車はともかく、今回はラリーカー。
同行者は全く興味無さそうでした。(笑)
いやぁ、イイモン見たよ~♪自分しか楽しくなかったけど。


テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
カーオブザイヤー・・・?
2012年11月10日 (土) | 編集 |
日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会により、2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考会に進むクルマが発表されました。

coty2012_01.jpg

2012ベスト10カー(?)
・マツダ CX-5
・スズキワゴンR/ワゴンRスティングレー
・フォルクスワーゲン up!
・BMW3シリーズ
・シトロエンDS5
・アルファ ロメオ ジュリエッタ
・レンジローバー イヴォーク
・トヨタ 86/スバル BRZ
・ニッサン ノート
・ホンダ N BOX/N BOX+

CX-5も選ばれてて嬉しい・・・という話では無く、相変わらずのジャンル、セグメント無視の無法地帯。(笑)
レンジのイヴォークとワゴンRを同じ土俵で評価するの?
全くバカバカしい。
それ、オリンピックのアスリートや、プロ野球選手、大相撲、F1パイロット等などスポーツ界全部から、2012年ベスト選手を決めるようなものでは?
無理やりなら選べるけど、どう考えてもおかしいですよね。
同じ工業製品の「自動車」という事以外に、共通項の少ないクルマ達。
メーカーのヒトは選ばれると販促になるんでうれしいでしょうけど・・・。
仮に、ホンダNが受賞して、「これが、アルファロメオ、BMWを抑えて2012年のベストカーです」なんて言えるんでしょうかね?
基準を変更するか、止めてしまえばいいのに。

coty2012_02.jpg

因みに、モータージャーナリスト中心のRJCのほうは、

2013年次RJCカーオブザイヤー6ベスト
・ホンダ N BOX/N BOX+
・マツダ CX-5
・ニッサン ノート
・スズキワゴンR
・トヨタ アクア
・三菱 ミラージュ

2013年次RJCカーオブザイヤー・インポート6ベスト
・フォルクスワーゲン up!
・BMW3シリーズ
・シトロエンDS5
・アルファ ロメオ ジュリエッタ
・アウディ A4/S4
・メルセデスベンツ Bクラス

国内メーカーと海外メーカーに分けるだけでスッキリ。
せめてコレ位にしてほしいです。


選ばれそうなのは、CX-5!!といいたいけど、やや無理があるでしょうね。
本命は、upかN BOX。
対抗できそうな伏兵はBMW3シリーズ。
大穴でCX-5。(笑)
昨年は両団体とも日産のEV「リーフ」を選んでます。新しかったからね。
今年は、その手の決め手に欠けますね。

因みに、世界に目を向けると、1番権威のあるWorld Car of the Yearに2012年選ばれたのは、フォルクスワーゲン up!。
やっぱり強いね。ヴァリューを感じるもんなぁ。
この賞、2008年にはマツダ・デミオが受賞してます。2007年のRJCカーオブザイヤーも受賞。
現行デミオ名車です。
coty2012_03.jpg


テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記