読んだ本、聴いた音楽、観た映画、その他よろず雑記。とりとめなし・・・。
激安PC来る!
2016年09月05日 (月) | 編集 |
この春から立て続けにPCをリプレースしています。

自分のメインマシンは完全にお引越しが終わってからのご紹介という事で、今回は家族の激安PC。

家族が使っていたCore-i5のVAIOですが、非常に調子が悪く、かなり危険な雰囲気。
特に殆どのプログラムが起動しないという事態。
何とかしろと言われても、何やってもダメ、激安PCへの移行を提案したところあっさりOKだったので即購入。
激安PCにした理由は、PCを何に使っているのか聞いたところ、もっぱらネットと文章の入力と表計算だそうで、この程度なら激安でも大丈夫なのではと。
で、情報集めたところ、複数候補の中で選んだのが、HPでした。
HPは会社のPCでも使用していますが、質実剛健でシンプルでよいマシンの印象があります。
stream01.jpg

「HP Stream 11-r016TU」

amazonで購入、価格は、kingsoftのOffice2016standardが付属して、税込¥30950でした。
既に公式では扱いが終わってますが、直販価格は¥29916だったので、約¥1000で互換オフィス付とホントに激安です。

肝心のスペックは
CPU :Celeron N2840 2.16GHz
メモリ:DDR3L-1333 2GB
ストレージ :eMMC 32GB
OS :Windows 10 Home 64bit
グラフィックス :内蔵Intel HD Graphics、HDMI出力
ディスプレイ :11.6型(1,366×768)タッチ非対応 TFT ノングレア
ネットワーク :IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
インターフェイス :USB 3.0×1、USB 2.0×1、microSDカードスロット
重量 :約1.18kg
バッテリ駆動時間 :約10時間30分
OneDrive 100GBの2年間利用権付属

stream04.jpg
2GBのメモリで64bitのWIN10を動かすというやや無理目な設計ですが、増設できないのでこのまま使う事に。
それよりも深刻なのはメインのストレージが32GBしかない事かも。
OS以外に使用できる領域は20GBもありません。
普通に使うとかなり厳しい運用が予想されます。

stream03.jpg
という事で、microSDXC128GBを追加購入。
~どうでもいいですが、128GBで約¥4000でした、恐ろしく安くなってますね。
データや場合によってはプログラムもこちらに保存。
あとはクラウドを使えばなんとかなりそうです。

細かいスペックがどうでもよくなるような派手で目立つボディです。
当然オールプラスチックですが、写真で見るより実物は安物感はありません。
もっとキッチュでポップな雰囲気かと思ってたら、意外にもシンプルでクリーンなイメージ。
表面処理も丁寧で感触もいいです。指紋も付きにくいし。
~色的におもちゃのようにも見えますが家族には受けてました。
逆にこの色が・・・という人には絶対無理です。

確かに、1㎏チョィの本体重量はとても軽いです。
ただACアダプターが結構でかくて重いです。
バッテリーが10時間くらい持つので一緒に持ち歩く事はあまり考えていないのかも。
stream02.jpg

肝心の使い心地
前述のように自分のメインPCを新型に移行中です。
そのCore-i7のマシンと比べると、ものすごく遅いです。
ただ不思議なもので、streamのほうでずっと作業していると、このやや間延びした反応にも慣れて、気にならなくなります。
使い物にならない程遅いというわけではないので。
ある意味こんなスペックのPCで当たり前にWIN10が動いてExcelのファイル作成が出来てることに驚きます。
キータッチもペコペコしたりせずにキッチリ使えるしっかり感のあるもので好感が持てます。
この部分割と重要。
動画編集や、ゲームをするわけではないので、これで十分と家族も満足。

液晶の方は大きさや解像度はともかく、TFTゆえの正面から以外はキチンと見えないという問題があります。
画面の輝度も最大にしてもやや暗め、この辺りも最新のIPS液晶の綺麗な画面を見慣れているとちょっと残念な感じ。
まあ、こちらもずっと見てると気にならなくなるんですが。
フルスクリーン表示でAmazonvideoの映画を見てみましたが、何の支障もなく楽しめました。

目立つ外観ですが、HPらしく堅実にまとめあげられたいいPCです。
どうせ重い処理には使わないという割り切りがあれば、非常にお勧めできます。

しかし、自分はまたもや重量級のノートを買ってしまったので、この軽さや機動性が羨ましくなってきました。
ある意味「軽さは正義」

自分でも欲しくなりました。


スポンサーサイト
新型Kindle買いました。
2014年10月02日 (木) | 編集 |
電子書籍専用の端末を買いました。


またまた無駄遣い。(笑)

kindle2_03.jpg

新型Kindle~。本日10/2発売!
「Kindle キャンペーン情報付き」

kindle2_01.jpg
相変わらず、アップル製品のような小奇麗だけど素っ気ない梱包。

kindle2_02.jpg
開梱するとこんな感じ。


ある程度充電済みなので、いきなり使えます。
こちらも相変わらずで、自分のamazonのアカウントがインストール済みです。

WI-FIの設定さえすれば、クラウドに保存されたこれまでに購入した本やダウンロードした無料本が、kindleにダウンロード出来ます。

何故、タブレットにこんなものを買い足したのか?
タブレット使って、自分が一番しているのは電子書籍読む事なのが判りました。
音楽は殆ど聴かないし、映画もそんなに見ないし。
しかし、タブレットで本読むと目が疲れるんですよね。重いし。
で、そこに飛び込んできた新製品、しかも¥6980のところ、プライム会員価格で¥3980!!
これは安い、廉価版とはいえ、amazonのKindleがこの価格。

前述のように、既に所有のタブレット「Kindle Fire HDX」と違い、完全に電子書籍の専用端末です。
ブラウザも付属してるようですが、モノクロ画面で使い難いブラウザでネット見ませんよ。
あとはファイルビュワー程度の機能しかないです。

kindle2_04.jpg
比較すると、画面が異様に地味に見えます・・・。

重量は191g、内蔵メモリ4GB、WI-FI内蔵です。

画面は6インチと文庫本の片側ページ程度の広さで、バックライトも無いので、普通の本と同様に暗いとこでは読めません。
解像度は167ppiと見苦しくは無いですが、お世辞にもキレイとはいえませんし、マンガ読むのには向いてません。
因みにiPhone5Sは326ppiとインチ当たりの解像度は圧倒してます。
iPhone並みの解像度が欲しいヒトは、Kindle Voyageというこちらも新機種があります、但しお値段¥21480。

スペック見て感じるように非常に割り切った端末です。
自分的にはそれに惹かれました。
とにかく、軽くて、大量の本を持ち歩け、本のように読める。
これでいいんです。これで充分です。

ハッキリ言って本を読むだけなら(あくまで活字の本)、Kindle Fire HDXよりも全然読みやすいです。
とにかく見やすい画面。ある意味、印刷された本のようです。


気になっていた、「キャンペーン情報付き」
つまり広告が表示されるというものですが、当然、読書画面には一切表示されません。

kindle2_05.jpg
スリープ状態の画面に表示されてます。
この程度なら気にならないです。
それもイヤというヒトは、この広告無しヴァージョンが¥2000UPで買えます。


因みに、専用アクセサリ見たら、カバーが¥3240、画面保護フィルムが¥980・・・。
本体価格超えちゃいます。せっかく軽いので、素のまま使う事にします。
~100均でケース位は買うかも。

意外と満足度が高いです。
191gだそうですが、体感的にはiPhoneとあんまり変らないです。すごく軽いです。
バックライトは目に優しくないね、と云う事を実感。
本読むならコレでいいのよ、コレで。

安い、読書専用端末が欲しい人にはお薦め。

1年¥3218の安心「 ノートン インターネット セキュリティ」
2014年06月09日 (月) | 編集 |
PCのセキュリティソフトの更新が近付いたので、初めてオンライン更新してみました。
これまでは諸事情でパッケージ版を使用してました。

と云う事で、今回も定番。
「ノートン・インターネットセキュリティ」
ここ最近は2012とかの年度を表す数字が無くなりました。
メジャーバージョンアップも全部含め期間中の更新は全て含まれます。
以前のバージョンはウィルス定義は更新されてもインターフェイスとかは更新されませんでした。

nic2014.jpg
更新手続きは簡単なうえにお値段も安い。
47%offと何故か大幅ディスカウントされてます。
3PC、1年間、¥2980て安いよね。(税込は¥3218)
ていうか、これまでがぼったくり価格だったわけです。
amazonのダウンロード版の最安値でも¥4202なので千円程度安い。
WIN版で更新するヒトは、素直に更新サイトからの更新が吉。

ま、今時セキュリティソフトにお金払うの?という意見もあるでしょうが、今時だからこそ安全には対価を払わないといけないような気がします。
先日、タブレットに無料のセキュリティソフトを入れました。
無料なのに高機能な感じだったのですが、このソフトについてネットで見るとある情報が・・・。
バックグランドで頻繁に中国内の訳のわからんサーバーと通信してるそうです。怖っ!即刻削除しました。 タダより高いモノは無い!

常、日頃は殆ど存在を意識しないセキュリティソフトですが、転ばぬ先の杖って事で。
3台にPCに入れてるので、1台約千円。安心料としてはちょうどいい気がします。
これで1年間安心。






ちょっと待て!iTunes 11.1.4へのアップデートは危険!?
2014年01月26日 (日) | 編集 |
iTunes 11.1.4へのアップロードが面倒な事に。
いつものようにsoftwear updateから更新の案内。
で、気軽にアップデートしてると・・・。

何故か、エラーが出て止まります。
システムに何とかのファイルが見つかんないよ、みたいなメッセージで完了できません。
挙句の果てには、自動アップデートでは無く、ダウンロードとインストールは別にせよとメッセージが。
仕方が無いので、今度は公式から最新のiTunesをダウンロードして手動でインストーラーを起動します。

itunes140125_01.jpg
・・・・。
アレ?相変わらずです。
同じくメッセージが出まくりです。
仕方が無いので、キャンセル。
ここで惨劇が!
何とiTunesが全く起動しません。
・・・。orz

更新のインストールしか原因が無いので、いろいろ手を尽くしましたが無駄なようなので、基本に立ち返って対応。
それは・・・。
コントロールパネルから iTunes およびappleに関連するソフトウェアコンポーネントを全て削除した後、コンピュータを再起動し、再インストール。

公式サポートを参考に以下の順番で削除。

iTunes
Apple Software Update
Apple Mobile Device Support
Bonjour
Apple Application Support

*vistaの自分の場合、ブラウザを終了させないとApple Software UpdateだかApple mobile device supportだかのどちらかでアンインストールが止まりました。要注意。

これらを完全にアンインストール後に、再度ダウンロード済みの11.1.4をインストールします。
今度はすんなり。

itunes140125_02.jpg
これで、無事にiTunes復活です。
手間かけさせやがって!!!
俺の週末の2時間を返せ!

ネット見ると被害者多数です。
更新で、こんな目に遭うのは初めてです。

結論、これまでのappleであれば1週間以内に、対策済みの最新版を用意するはずなので、それを待つのが正解ですね。


テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
Kindle Fire HDX
2014年01月14日 (火) | 編集 |
昨年末に待望のタブレットを買いました。
kimdle03.jpg

「Kindle Fire HDX」
7インチHDXディスプレイ、Wi-Fi、32GB。
昨年の11/28に発売されたばかりのAndroid OSベースの独自のFire OSを搭載した異色のマシンです。

kindle02.jpg
kindleといえば電子書籍端末のイメージが強いのですが、このFire HDXシリーズはAV性能が強化されて「ほぼ普通の」タブレットのように使えます。
7インチの1,920×1,200のディスプレイに、最新のクアッドコア2.2GHzCPUで303gの軽量と申し分のないスペックのマシンです。
少し前に発売された新型NEXUS7に余裕で勝ってます。
それでいて、購入価格は¥24800。キャンペーンで¥5000OFFでした。
発売から1ヶ月もたたずにキャンペーン特価とは、予約して買った人の怒りは如何ばかりか・・・。
~因みに現在は、通常価格の¥29800に戻ってます。
それでもバーゲンプライスですよね。
似たような構成のiPad mini Retina(Wi-Fi)が同じ32GBだと¥51800もするのに。

kindle01.jpg
とはいえamazonのkindleです。
「ほぼ普通」と書いたのは、Android OSベースなのに、amazon独自の縛りでそのままではGoogle Playで配布されているAndoridアプリはインストール出来ません。
amazonのサイトからアプリはインストール可能ですが、数が少ない、欲しいモノは無い・・・といった状態。
おまけに自分のようにiPhoneに染まりきったモノには、理解不能だったり理不尽な部分が多数。
「嗚呼、アップルは製品自体は高価だけど、あの使い心地と、独自のアプリエコシステムは素晴らしかったのだな・・」と改めて思いました。

それでも、ダウンロードして映画とか見ると素晴らしいので、これもいいかと思うようにしてます。
本も読みやすいしね。

kindle2013.jpg
因みに一番稼働率高いのは、ゲームアプリの「パズドラ」だったりします。
今更ながらハマりました。
~課金なしでもキチンと遊べるのがイイですね。


目下の課題は、iPhoneとのテザリングがイマイチ安定しない事。

テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記