スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山下達郎Performance2013@大阪フェスティバルホール13/9/28
2013年10月02日 (水) | 編集 |
山下達郎のライブに行ってきました。

新装なったフェスティバル・ホールは初めてでしたので、そちらも楽しみでした。
今回も、ファンクラブでチケット取ってくれたT3000氏に感謝。

tatsu2013_01.jpg
「山下達郎 Performance2013@大阪フェスティバルホール 2013/09/28」
やや左端とはいえ、20列目あたりの見やすいいい席でした。
ツアーは、全てホールクラスという事で、スクリーンを使わないので、遠すぎると表情が見えなくなるので・・・。

今回も、当然のように休憩なしの正味210分 3時間半!
圧巻のパフォーマンスでした。
自らも度々口にしてましたが、「還暦ライブ」なんですが、相変わらずの満足感のあるライブでした。
音楽でお腹一杯になり、なんか音楽っていいよなぁって思える感じ。(毎回ですが)

40数本のライブが4ヶ月間に渡って敢行されます。
スタートしてまだ1/4消化した程度なので、SNSやブログで詳細な演出やセットリストは書かないでほしいとのお願いが。
タツロー先生の恨みを買うのも何なので、セットリストは自分の忘備録として、長~い空白の後ろにつけときます。
何かの拍子にこのブログに訪問された方で、これからタツローのライブに行くよ!という方は見ない方が楽しめます。(多分)

tatsu2013_02.jpg
あれだけのキャリアと曲数ですから、セットリストで予習なんて小賢しい事しなくても、楽しめるようにしてありますよ。
ま、これは簡単に予想はつきますが、「Melodies」、「Season's Greetings」からは多く演奏されます。
結構レア曲も演奏されますよ。
・・・リマスター盤のプロモーションツアーか?

もちろん、永遠のワンパターンは健在です。いや、イイ意味で。(笑)
タツロー先生も、気持ちよさげでした。
しかし、あのクオリティーのライブをツアーで演るのはホントにスゴイね。

tatsu2013_03.jpg
ライブ当日の衣装はコレでした。青いシャツ、几帳面なロールアップはお約束。

今回も、MCは長かったです。
情報によると、フェスティバルホールこけら落し公演と結構同じとか・・・。
それでも、今回はあまりガチガチに固定しないで、ラフにしゃべってるそうです。
それ故、妙な脱線も・・・。

新しくなったフェスティバルホールは、やはりフェスティバルホールでした。
エントランスの大階段はいいよねぇ。
最新のホールなんで完全にバリアフリーですよ。
肝心の音響の良さは、相変わらずでしたね。(クラシックジャンルではよく判りませんが)
もっと時間が経つと、ホール自体の鳴りは更によくなるはず。
シート幅が今風に広く改善されたのはありがたいですね。
前後スペースも余裕で、とても見やすいです。


今回も、時間を忘れて音楽にのめり込める濃厚で楽しいなライブでした。
因みに当日はタツローくんカレンダーは開演前に売切れてました。


では、セットリストは、はるか後ろ・・・。
知りたくない方はスルーして下さい。



最後にも一回、T3000氏にサンキュ!!










































ここから
あくまで私的忘備録のつもりですので、よしなに。


山下達郎 Performance2013 @大阪フェスティバルホール 2013/9/28

1.新・東京ラプソディー
2.SPARKLE
3.LOVE SPACE
4.ずっと一緒さ
5.あしおと ★
6.ひととき ★
7.スプリンクラー
8.PAPER DOLL
9.FUTARI

10.God Only Knows  -The BeachBoys-
11.Groovin' -Young Rascals-
12.My Gift To You  -Alexander O'Neal― ☆
13.Bella Notte  -from movie "Lady and Trump"- ☆
14.Have Yourself A Merry Little Christmas  -Judy Garland- ☆

15.DANCER
16.希望という名の光
17.メリー・ゴー・ラウンド ★
18.Let's Dance Baby ~Bonus Track「硝子の少年」「アイ・ガット・ア・ウーマン」
19.アトムの子 ~including「アンパンマンのテーマ」
20.LOVELAND, ISLAND

Encore
21.クリスマス・イブ ★
22.RIDE ON TIME
23.愛を描いて-LET'S KISS THE SUN-
24.Your Eyes

★=Melodies
☆=Season's Greetings



スポンサーサイト
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
山下達郎「ターナーの汽罐車」の世界観を小説にしました。山下さんに読んでもらいたいと思っています。そこでどうか「山下さんを知ってそうな人を知ってそうな人」にチェーンメールを送ってくださいませんでしょうか。http://kikansya.exblog.jp/ 著者・鏡筆
2014/01/22(Wed) 15:40 | URL  | 鏡筆 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。