読んだ本、聴いた音楽、観た映画、その他よろず雑記。とりとめなし・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルイガノLGS-CR07って?
2014年06月22日 (日) | 編集 |
所有するロード、LGS-CR07について。
自分がこんなレビュー書く気になったのは、自分が買う事に決めた時、あまりにもネット上にこのバイクのレビューや情報が少なかったからです。
こんな駄文でもCR07の購入を検討してる誰かの参考になれば。

cr07_0203.jpg
ルイガノLGS-CR07
CR07は、どんなバイクか?
結論から言えば「全体としてCPは悪くないが、走らない。あまりかっこよくないロードバイク。」
こんな感じです。

非常に独特な形状のフレームです。
MTBのそれにに近いとすら感じるトップチューブの極端なスロービング。
とにかく走行性よりもこのデザインが許容できるかどうかが分かれ道かも。
反面、足着きが非常に楽という街乗りでは重要なメリットがあります。
そしてダウンチューブはかなり太いです、この太さで剛性を出しているようです。
このあたりがイマイチ車体が軽くない理由のような気がします。
因みに自分の2013型は、写真の通り、パステルグリーンのような色です。
このフレーム形状で、この塗色どう考えても本格ロードにゃ見えません。
ただ塗装の仕上げはキレイですよ。
オシャレかどうかはともかくキレイなバイクです。

コンポは変速系は全てShimano TurnneyA070系です。
7速です。11T-28Tで7枚なんで細かく変速という感じではないですね。
~ロード用コンポの上位機種は同じ11T-28Tで11速と4枚も多い!!
14速は初心者にはむしろ扱いやすいです。
ハイライトはこの価格なのに実現したSTI。
ぶっちゃけ自分は初めてのSTIなんで、戸惑いはありましたが使いやすいです。ダブルレバーしか知りませんでしたから、革新的に感じました。
シフトダウンはスムーズですが、シフトアップはやや使い辛いかも。
ただ全体的な感触は、ガシャ・ゴンて感じの安っぽいシフトフィールです。結構ストロークもショックも大きいです。
上位機種だとスチャってシフトされるそうです。試したことないので判りませんが。
ま、A070系自体、Shimanoとしてはロード用コンポとして考えていない廉価スポーツ車用シリーズですから。
クランクはShimanoではなくFSAですがちゃんとコンパクトクランクが入ってます。
なんとか駆動系は安物とはいえパチモノ無しです。

cr07_0202.jpg
ブレーキはテクトロ。
これはイマイチです。さっぱり効きません。一番の不満ポイント。
いろいろ調整してもあまり改善されないので、こんなもんなんでしょうか?
ネット見ても散々な評価です。
とにかく、フルブレーキングが必要な場面に出会わない事を祈るのみです。
この車体、最低限しか部品交換しないと決めて乗ってますが、この部分はせめてTiagraにでも交換する予定です。

ホイールタイヤといった足回りは価格なりで、とりあえず付いてますレベル。
ロードの基準だと「鉄下駄」って言われるやつ。
タイヤが700X25Cなので、ハッキリと街乗り重視なんでしょうね。
23Cよりもパンクしなさそうなんで、これはこれでいいかも。

サドルポストとハンドルステムが白いのはオシャレ(?)かもしれませんが、個人的にはイマイチに感じます。ブランドはIDX。
あと、ライト類も付属で、SBAAという安全基準認定。
サドルはこれもIDXの製品です。デザイン性はゼロですが、何故かしっくりきて非常に使いやすいです。
ペダルはプラのフラットペダルに、何とトーストラップが付属してました。
ビンディングが使いたかったので、クリート付きで一番安いshimanoのPD-M530に交換しました。
ペダルは¥3000位で買えますが、シューズは¥9000位しました。(泣)


cr07_0201.jpg
肝心の走り、普通に走ります。普通の内装3段とかのシティサイクルとはレベルが違います。
ただ、思ってたより軽快に進む感じがないです。
足を止めてもス~っと走っていくなんてイメージからは程遠いです。
ポジション的に比較的アップライドなので乗ってて楽といえば楽ですが、車体の乗り心地自体は結構硬く感じます。
剛性感というよりただ硬い感じ。
特にFフォークは鉄なんで、ゴツゴツした路面をダイレクト拾います。
ハンドリングもどちらかというと鈍重に感じます。タイトコーナーとか真剣になります。
もう少し、ヒラヒラした感じかと思ったら意外にハンドリングは苦手なのかも。
~この辺りは乗り手がロード初心者なんで、乗り手に問題あり?
ハードにガシガシ踏んで行っても、加速はイマイチ、スピードが乗り難い印象です。
得意なのは20km程度の速度でのんびり巡航する感じ。
高速域が苦手なバイク・・・というより自分は平地で40km以上出した事ありません、あくまで低中速域のレビューですが、この程度の速度域であれば特に不満はないです。ブレーキ以外。
全体には、かなり丈夫でしっかりしてるので、扱いにナーバスさが無いのは気楽でいいかも。


ここまで読んでCR07ってやっぱり安物だし、こんなのロードじゃないじゃん!て思った方。
だから、本格的ロードと一緒だと思っちゃダメです。ファッション系ロードですから。
アルミフレームでドロップハンドルにSTIの街乗りロードです。
贅沢なパーツは使われていませんが、怒りたくなるようないい加減なパーツも使われていません、そう意味ではバランス重視でキチンとしたバイクだと思います。
考えようでは、ハイCPのバイクだと思いますヨ。
自分は嫌いじゃないです。

ビュンビュン走るロードバイクのイメージでこれを選ぶとガックリ来ると思います。
まあ、エンジン次第ではもっと走るかもしれませんが。
そう云うスポーツ指向の人は悪いこと言わないので、10万程度のロードバイクを買う方が幸せになれると思います。
ジャイアントとかあの辺りで。
独特のスタイリングが気にならないヒト、これでレースに出てみたいなんて野望を抱かないヒト、むしろあの独特のたたずまいに惹かれた人、街乗り用のドロップハンドルのスポーツ車が欲しいヒト、そういう人にはお勧めできます。
ネットとかで売ってる、3万円代のロードバイクもどきよりはかなりマトモです。
コンポ入れ替えたり,アレコレすると結果高くつくので、そういう人はやはり最初からせめてSORA位のコンポ付きロードを選んだほうがお得です。
あくまで自分の評価は、このバイクを4万以内で買ったからなんで、そのCPで評価してます。
サイクルあさひとかの店舗でほぼ定価の6万で並んでましたが、それだけの価格に見合うかと言われると・・・。
自分のように型落ち狙って安く買えればお得なバイクだと思います。
4万程度で、一応ロードバイクっぽい世界を味わえます。

街中でも数台見かけましたが(独特のフレームでCR07は1発で判ります)、殆どが女性。
そういう意味では、このファッション系ロードもアリかも知れません。

搭載してるコンポやその他のパーツも特に惜しいレベルじゃ無いので、いっそドロップバーをフラットバーに変えて、マッドガード付けて、街乗り&ポタリング専用の全天候クロスのようにして乗るのも悪くないかなと思ってます。
いやむしろその方がこのフレームにも似合いそうです。
~クロスへの改造は、ロードを別に購入するという前提ですけど。(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
俺も乗っていますが
結構走ります、がんばれば
ただし だいぶ走るとギアが変わらなくなります
なので今 ディレーラーを注文しています、だけどそんなに高いのはつけないほうがいいと思います この自転車にそれほどの コンポネートはいりません
ちなみに 5000キロまでくるとディレーラーがしにます
ディレーラーの値段は同じのだと2500円くらいです。
かなり安いですが この自転車にはその程度のやつで走りこんだほうが
カッコイイと思います!
2017/09/20(Wed) 15:59 | URL  |   #BFJTYZbE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。