読んだ本、聴いた音楽、観た映画、その他よろず雑記。とりとめなし・・・。
ロードバイクを海外通販で買いました。その2
2014年09月17日 (水) | 編集 |
前回からの続き。
というわけでやって来ました、AZZURRI号。

台湾のサイクリングエクスプレスからの購入ですが、受注メールこそ文字化けしてて一瞬ビビらせてくれましたが、注文翌日には、日本語での受注確認の電話もあり、発送時にはちゃんと読めるメールが届きました。
発注から約10日くらいで届いたので、速いですね。
届いたときに消費税を払わなくてはいけないのは想定外でしたが・・・。

afp04.jpg
サイズ見ると、46.5なんて書いてあるので心臓に悪いです。
注文したのは、トップチューブが52.3cmのはず。
~これはシートチューブの長さのようです、紛らわしい。
更に「Di2」の表記が何故か「D12」に、エミネムのグループかよ。(笑)

で、開梱するとこんな感じ。
afp05.jpg

予想より丁寧に梱包されてます。
傷ひとつ付いてません。
動く可能性がある部分は全て固定されています。

一応バラして、組み立てを開始。
afp06.jpg
結構、丁寧な梱包で、手間がかかります。
ま、安心ですけど。
フロントブレーキ以外は、全てワイヤも通っています。
変速系はバッテリーを取り付けるまでよく判りません。

afp07.jpg
フロントホイールも取付、ハンドルも仮組み。
バイクらしくなってきました。

afp08.jpg
フレームの保護材を外し、Di2のジャンクションも取付、ほぼ完成。
ここまで40分位。
一部は外してグリスアップしながらの作業でしたが、結構スムーズでした。

実は、一番焦ったのは、最初、変速系が全く反応しなかった事。
充電すればイイのかなと思いきや、充電ランプも点灯せず・・・。
「初期不良!!」という不吉な言葉が脳裏をよぎります。
気を取り直して、ケーブルの接続を点検してると、シートポストのバッテリーの端子がキッチリ嵌まっていませんでした。
再接続してテストすると、緑のランプが点灯して、充電された状態であることが判ります。
シフトスイッチを押すと、カチャ、カチャとスムーズに変速していきます。
一安心。

後は、各部を調整してシェイクダウンです。

初のカーボンロードへの期待にワクワクです。
試走した感想は、今後に続きます。

スポンサーサイト
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック