読んだ本、聴いた音楽、観た映画、その他よろず雑記。とりとめなし・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落差43m、琴滝。
2014年09月23日 (火) | 編集 |
気候が好いので、近郊までドライブと云う事で、京丹波町の「琴滝」に出かけてみました。

kotodaki03.jpg
場所は、京都縦貫道の丹波ICからすぐです。
いつも丹波IC通るたびに「琴滝」の看板が気になっていたんですよね。

で、琴滝、京都の自然200選のひとつで、地味ながらもなかなかの景勝地でした。

丹波ICのすぐそばとは書きましたが、案内看板に沿って進んでいくと、大丈夫?と思う狭い道に。
舗装されているので、そこまで不安にはなりませんが。
で、2km位走ると駐車場です。

そこにクルマ停めて、そこからは遊歩道を歩きます。
駐車場わきの案内看板には、滝まで徒歩2分て書いてありましたが、のんびり歩くと5分はかかります。しかも緩いとはいえ上り勾配ですし。

kotpdaki01.jpg
こんな感じの雰囲気のイイ遊歩道です。
落ち着いた空気が流れていて心地いいです。

で、辿り着くと「琴滝」です。
kotodaki02.jpg

落差43mのなかなか立派な滝です。~京都府最大の落差との事。
勇壮に流れ落ちるというより、名前通り、琴の糸のように流れ落ちてくる雰囲気です。
前述の看板に「数々の映画も撮影された」と書かれていましたが納得の繊細な美しさでした。
これからの紅葉の時期に行くと相当キレイなんじゃないかと思います。

周囲にこれといった観光地も無く、派手さも無いので、自分たちの他には3組位しか人がいませんでした。
みんな写真撮ってました。
穴場かもしれませんが、滝以外に見るもの無いからなぁ・・・。

とりあえず、お勧めです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。