読んだ本、聴いた音楽、観た映画、その他よろず雑記。とりとめなし・・・。
新型Kindle買いました。
2014年10月02日 (木) | 編集 |
電子書籍専用の端末を買いました。


またまた無駄遣い。(笑)

kindle2_03.jpg

新型Kindle~。本日10/2発売!
「Kindle キャンペーン情報付き」

kindle2_01.jpg
相変わらず、アップル製品のような小奇麗だけど素っ気ない梱包。

kindle2_02.jpg
開梱するとこんな感じ。


ある程度充電済みなので、いきなり使えます。
こちらも相変わらずで、自分のamazonのアカウントがインストール済みです。

WI-FIの設定さえすれば、クラウドに保存されたこれまでに購入した本やダウンロードした無料本が、kindleにダウンロード出来ます。

何故、タブレットにこんなものを買い足したのか?
タブレット使って、自分が一番しているのは電子書籍読む事なのが判りました。
音楽は殆ど聴かないし、映画もそんなに見ないし。
しかし、タブレットで本読むと目が疲れるんですよね。重いし。
で、そこに飛び込んできた新製品、しかも¥6980のところ、プライム会員価格で¥3980!!
これは安い、廉価版とはいえ、amazonのKindleがこの価格。

前述のように、既に所有のタブレット「Kindle Fire HDX」と違い、完全に電子書籍の専用端末です。
ブラウザも付属してるようですが、モノクロ画面で使い難いブラウザでネット見ませんよ。
あとはファイルビュワー程度の機能しかないです。

kindle2_04.jpg
比較すると、画面が異様に地味に見えます・・・。

重量は191g、内蔵メモリ4GB、WI-FI内蔵です。

画面は6インチと文庫本の片側ページ程度の広さで、バックライトも無いので、普通の本と同様に暗いとこでは読めません。
解像度は167ppiと見苦しくは無いですが、お世辞にもキレイとはいえませんし、マンガ読むのには向いてません。
因みにiPhone5Sは326ppiとインチ当たりの解像度は圧倒してます。
iPhone並みの解像度が欲しいヒトは、Kindle Voyageというこちらも新機種があります、但しお値段¥21480。

スペック見て感じるように非常に割り切った端末です。
自分的にはそれに惹かれました。
とにかく、軽くて、大量の本を持ち歩け、本のように読める。
これでいいんです。これで充分です。

ハッキリ言って本を読むだけなら(あくまで活字の本)、Kindle Fire HDXよりも全然読みやすいです。
とにかく見やすい画面。ある意味、印刷された本のようです。


気になっていた、「キャンペーン情報付き」
つまり広告が表示されるというものですが、当然、読書画面には一切表示されません。

kindle2_05.jpg
スリープ状態の画面に表示されてます。
この程度なら気にならないです。
それもイヤというヒトは、この広告無しヴァージョンが¥2000UPで買えます。


因みに、専用アクセサリ見たら、カバーが¥3240、画面保護フィルムが¥980・・・。
本体価格超えちゃいます。せっかく軽いので、素のまま使う事にします。
~100均でケース位は買うかも。

意外と満足度が高いです。
191gだそうですが、体感的にはiPhoneとあんまり変らないです。すごく軽いです。
バックライトは目に優しくないね、と云う事を実感。
本読むならコレでいいのよ、コレで。

安い、読書専用端末が欲しい人にはお薦め。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック