読んだ本、聴いた音楽、観た映画、その他よろず雑記。とりとめなし・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドリームシアター、2014大阪公演ライブレポ。
2014年10月23日 (木) | 編集 |
行ってきました!
ドリームシアター単独公演。

dt2014_09.jpg

Along For The Ride
" An Evening With Dream Theater World Tour 2014 "
@大阪国際会議場 大ホール 2014/10/22

例によって平日公演。
勤め人にはキビシーです。それでも大阪まで来てくれて感謝。

開演まではこれまでと異なり、天体図がスクリーンに映され、アンビエントな感じの音楽が流れてました。
dt2014_04.jpg
時々その天体図からドリシのロゴが現れます。

そして19時、定刻通りにスタート。
バンドのこれまでのアルバムビジュアルを活かしたオープニング映像からThe Enemy Insideが・・・。

いきなり当日のセットリスト。
dt2014_05.jpg

Set1
intro:False Awakening Suite
1.The Enemy Inside
2.The Shattered Fortress
3.On the Backs of Angels
4.The Looking Glass
5.Trial of Tears
6.Enigma Machine
7.Along for the Ride
8.Breaking All Illusions
-15min intremission-
Set2
9.The Mirror
10.Lie
11.Lifting Shadows Off a Dream
12.Scarred
13.Space-Dye Vest
14.Illumination Theory
Encore
15.Overture 1928
16.Strange Déjà Vu
17.The Dance of Eternity
18.Finally Free

ハイ。今回のツアーの定番セットでした。
ヒネリ無し、サプライズ無し。
ヨーロッパ、北米をこのセットリストでツアー、当然日本でも同じと云う事です。

会場の国際会議場(グランキューブ)。
個人的には音がイマイチのホールとして記憶してまして、今回もかなり厳しいモノがありました。
高音は割れるし、低音は歪むし、ボーカルの通りは悪いし・・・。
このホールで音が良かったのは山下達郎だけかも。
残念ながら、前売りでソールドアウトせずに当日券まで出してましたが、開演までにはほぼフルハウス。
dt2014_06.jpg

で、今回のドリシは・・・。
バンドのコンディションは良かったんじゃないでしょうか。
ラブリエの声も出てましたし、みんなご機嫌な感じでした。
マンジーニもバンドに溶け込んでおり、ゲストっぽい雰囲気もあった前回の来日より一体感が感じられました。
ニコニコして叩きまくってましたヨ。
しかし、前回も感じましたが、何かバンド全体に緊張感が無いんですよ。
難曲や大作曲もバンバン登場するセットリストなんですけど、ピリッとした感じが皆無。
よく言えば「練れた演奏」とも言えますが。

新作を中心とした第1部。
「AWAKE」20周年の第2部
「MP2」中心のアンコールの3部で構成されていましたが、個人的には2部キツかったです。
あくまで自分の嗜好ですが、あのアルバムそんなに好きじゃないんですよね。
~好きな方には申し訳ない。
そして新作のラストを飾る大作曲Illumination Theoryで壮大なフィナーレなんですが、あの曲冒頭だけは派手でいいんですが、全体の構成がイマイチ。
しかも、中間部はSEだけじゃなく全部テープというか音源、(メンバーの休憩タイムかよ)
同じ大作でもACOSやオクタバみたいに捨てパート無しって感じじゃないのに無理やり大作にしました感がアリアリ。
ライブで聴くとやや辛い、長いしね。

反対に、アルバム聴いたときにもう一つと思った新作の楽曲は意外とライブ映えする曲である事が判明。
1部は予想以上に楽しめました。
~あのTrial of Tearsのテンポの遅さと不思議なアレンジはイマイチでしたが、大好きな曲だけに残念。

で、会場が一番盛り上がったのは、アンコール。
判っちゃいてもOverture 1928が始まると一気にヒートアップです。
スクリーンの西暦が2014から1928になる演出も鳥肌もんでした。
一気にたたみかけてFinally Freeが終わった時には感動。
ただ、この辺りの曲ではマンジーニ結構オリジナルに忠実な雰囲気で叩いてましたね。
他の過去曲では、結構自分の手癖や解釈で叩いてるように感じていたんですけど。
dt2014_01.jpg

3時間の公演、濃密で、楽しめました。
今回席は、1階のほぼ真ん中(前後左右共に)でしたが、もう少し音が良ければもっと楽しめたんですけどね。
あと、今回も照明、映像の演出が素晴らしいです。
前回のツアーも良かったんですが、今回はそれ以上でした。
スクリーンの映像も意味深なもので、バンドに合ってました。
毎回、メンバーのデフォルメアニメが入るのは誰の趣味なんでしょうね。今回はEnigma Machineで面白いアニメが流れます。

いろいろ言っても、次回も日本に、いや大阪に来てくれることを願います。


実は、最近このツアーで収録したBlu-rayが発売されています。
会場の物販でも売ってました。

DT2014_99.jpg
収録曲は、この公演と一緒。
なので、コレ買えばこのツアーを疑似体験できます。

TOTOの時と同じで、先に見ちゃうと楽しみが半減するので、封印してました。
ようやく見る事が出来ます。(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。