読んだ本、聴いた音楽、観た映画、その他よろず雑記。とりとめなし・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松田聖子、35周年ツアー 大阪0628。
2015年07月01日 (水) | 編集 |
お久しぶりです。

行ってきました、この人のライブ。
デビュー35周年にして、自分はライブ初参戦。
松田聖子!!!

そうかぁ、もう35周年かぁ、一度位、見たいなぁ、あ、チケット取れたわ。
という感じで参加しました。

まだツアーは東京、名古屋が残ってますが、結構セットリスト開示されてるようなので、自分も。
いつもの如く、自分の為の備忘録なんで、なにとぞよしなに。
seiko0628_01.jpg

35th Anniversary Seiko Matsuda Concert Tour 2015 "Bibbidi-Bobbidi-Boo"
@大阪城ホール 2015/6/28


1.Fairy dust~魔法の世界~
2.Bibbidi-Babbidi-Boo
3.Theme of Mouse~マウスのテーマ~
4.I will love you forever
5.しあわせの瞬間~Happily Ever After~

InterludeⅠ(band instrumental)未来の花嫁~ピンクのモーツァルト

6.あなたに逢いたくて
7.星空への祈り
8.felicia ~君は僕の太陽~
-Acoustic part-
9.愛されたいの
10.潮騒 ~バンド紹介
11.Sunset Beach
12.セイシェルの夕陽
13.Sweet Memories
14.秘密の花園

15.赤いスイートピー

InterludeⅡ(band instrumental)

16.時間の国のアリス
-Medley-
17.青い珊瑚礁
18.風は秋色
19.硝子のプリズム
20.渚のバルコニー
21.Rock'n Rouge
22.チェリーブラッサム
23.夏の扉

encore:
24.Squall
25.20th Party
26.ありがとう
27.いくつの夜明けを数えたら

1~5、7,8は発売されたばかりの35周年アルバム"Bibbidi-Bobbidi-Boo"からの新曲。
アルバムに収録された10曲中7曲もセットインという新曲を全く知らない自分にはやや厳しいものが・・・。
とはいえまるでディズニーランドのようなステージングには魅了されました。
松田聖子がプリンセスに見えます。マジで。
この新曲パートでは、セットにバンドも隠されており、ダンサーも登場して、ライブというよりミュージカルのような見せる雰囲気を楽しみます。想像以上にメルヘンチック。
衣装替えの間奏で「未来の花嫁」が演奏された辺りから自分的にはスイッチ入りました。
バラード3曲続いての、アコースティツクコーナー。
6が終わって初めて、M.C.になるのですが、そこでの「松田聖子です」の挨拶は聞き物です。
うわぁ本物の松田聖子だぁと、思いました。~当たり前なんですけどね。
で、割と懐かしい曲もありのアコースティックコーナーは、リラックスムードで進行します。
冒頭の新曲パートのテンションで最後までは持たないんでしょうね。
しかし、生で聴く13はヨカッタです。
恒例らしい15で落ち着いた感じのパートは終了。
この曲の為の「赤いスイトピー」がグッズとして売られてまして、相当数の観客が振ってました。
~自分は何だかわからないので買いませんでしたが。とにかく老若男女問わず振ってました。~永チャンのタオル状態。
衣装替えての16から怒涛のメドレーに。
うわぁ~楽し~。
この部分だけでも値打ちあるなぁ。
「聖子ちゃ~ん」と掛け声もかかります。
お祭り状態のようなテンションで終了。
アンコールは24。
おおっ、コレやるか!ギターソロがかなり完コピで感動。
ただ、このあたりで声は辛そうでしたね。
・・・なのに、何故このハイトーンのこの曲を。
で、26終わった時点の35周年の感謝のM.C.からラストの27へ
えっ!?泣くの?
全27曲で、きっちり120分というステージでした。
想像以上にエンタメしてました。
想像以上にアイドルでした。
本物のアイドルを体感しました。

一度位見ておくことをお勧めします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。