読んだ本、聴いた音楽、観た映画、その他よろず雑記。とりとめなし・・・。
復活!レインボー・・・。
2016年07月19日 (火) | 編集 |
1997年の再起動ライブ最終公演から約20年。
遂にレインボーが復活しました。
といっても、たった3公演で、アルバムも出しませんが。
rainboe2016_01.jpg

それでもリッチー、ホントに久しぶりのハードロック回帰です。

気になるメンバーは・・。

Ritchie Blackmore (g)
Ronnie Romero (vo) ~LORDS OF BLACK
Jens Johansson (key) ~STRATOVARIUS
David Keith (dr) ~BLACKMORE’S NIGHT
Bob Nouveau (b) ~BLACKMORE’S NIGHT

勿論、鬼籍に入った、コージー、ロニーはともかく、往年のメンバーは一人もいません。
頼りになりそうな、ドン・エイリーとロジャー・グローバーはあちらチームで参加無理。(Deep Purpleね)
というわけで集められたというか、リズム隊は現行の自分のバンド。
イェンス・ヨハンソンはなかなかナイスな人選ですね。これはアリ。
ボーカルの人は知りませんでした。
実際のライブでは、女性のバックコーラスが2名プラスされます。

肝心の公演は3回
6/17 ドイツ、ローレライ
6/18 ドイツ、ビューテッヒハイム
6/25 イギリス、バーミンガム

今回のラスト公演で一番演奏曲の多かったバーミンガム公演のセットリストです。

intro~Over the Rainbow
Highway Star(Deep Purple)
Spotlight Kid
Mistreated(Deep Purple)
Since You Been Gone
Man on the Silver Mountain
Soldier of Fortune(Deep Purple)
Difficult to Cure~with Drum, Bass and Keyboard solos
Catch the Rainbow
Perfect Strangers(Deep Purple)
Long Live Rock 'n' Roll
Child in Time(Deep Purple)
Stargazer
Black Night(Deep Purple)
 Encore:
Burn(Deep Purple)
Smoke on the Water(Deep Purple)

以前から概ねレインボーのライブは90分程度のセットだったので、こんなもんです。
演奏全15曲中、パープルの曲が8曲
リッチー・ブラックモア・オールタイム・ベストの様相ですね。
アンコールが2曲ともパープルとは。
rainboe2016_02.jpg

公演の内容は、幸か不幸かyoutubeにフルショウがアップされてましたので、それを見ました。
ローレライ公演

どの曲もライブアレンジで割と新鮮です。やや演奏がショボイ箇所もありましたが。
相変わらず、リッチーはあまり動かないです、ボーカルが孤軍奮闘してました。
このボーカルの人、いい声してます。歌上手いです。
きっと実際のライブだと、リッチーがいて、レインボーの曲を演奏しているだけで感動モノだと思いますが、こうやって映像で見ると、オーディエンスショットとはいえ、やはりイマイチ感が拭えません。

バーミンガムのアンコールのバーン
明らかにバンドの状態(リッチーの御機嫌)はこちらが良さそうです。

この記事、先日の「伊藤政則のロックTV」のオンエアを待って書いたのですが、肝心の番組で流れたライブ映像もプロ用機材ではなく、完全なオーディエンスショットレベルでした。
一応、映像パッケージ化前提のライブとの事でしたが、カメラクルーも見当たらないし、内容もアレなので、発売は???かも。
番組ではボーカルのロニー・ロメロとイェンス・ヨハンソンのインタビューがあり、二人ともリッチーに抜擢された事を素直に喜んでました。

発表された時は狂喜乱舞でしたが、こうやって内容を見ると、正直ビミョーです。
・・・それでも来日したら行くけどね。(笑)

スポンサーサイト
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック