スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく届いた「究極のUK」
2017年01月22日 (日) | 編集 |
気が付くと2017年1月も下旬。
月日が経つのは早いですね。


オーダーからほぼ1年
昨年の2月に発売情報が出て、再三の発売延期、初回プレス完売を経て、ようやく手元に届きました。

「UK: Ultimate Collector's Edition」
16CD+4Blu-ray Audioの18枚組の完全生産限定盤です。
その生産数、全世界1000セット!
uk_ult01.jpg

自分は、最初日本のAmazonで予約していました、3月の予約時点で税込み¥24800!
情報見た瞬間には、「買わねば!」と思いましたが、よく考えると、UKのオリジナルアルバムは3枚とも30周年リマスターを持っています。
当然オリジナル盤も、アナログ盤も所有しています。
しかも、公式初収録のライブは有名なブート音源で、これも所有しています。
つまりある1点以外には、強烈な魅力は無いボックスです。
しかし、そのある1点の魅力は強烈過ぎました。
それは、オリジナルは1枚組だった79年ライヴ盤 "Night After Night" が公演全曲を収録した2枚組の拡張版に仕様に変更されてるんです。
これは抗えない。トリオ時代の最高のライブが公演全曲聴けるなんて。
気が付くと、予約をポチッと。

その後、懐状態が悪くなる度に、高額商品なので、何度もキャンセルしようかと思いましたが、キャンセル以前にサッパリ発売される様子がありません。
Amazonからは4回ぐらい、発売延期のメールが来ました。
で、いよいよ9月に、ついに10月くらいには発売されそうとの情報を得ました、その時点で「待てよ?」と思い米国Amazonのサイト見ると、何と$165で予約受け中じゃないですか。
覚悟決めて、日本でキャンセルして米Amazonで予約しました。

ネット見てると10月下旬に無事発売されたようです。
が、商品は届きません。
Amazonのステータス見ると、12月にお届け予定になっています。
やはり初回プレスは完売したようです。
追加プレスがあるようで、自分のオーダーはそちらから手配される様子。
12月に入ると、1月お届け予定に更新・・・。
もしかしたらもう手に入らないのかな・・・という気持ちに、日本のAmazonでは中古でも4万位と高値で取引されている様子。

縁がなかったんかなと思い始めていたところ、1月の第2週にいきなり発送メールが。
「おお!」と待つ事、1週間で米国から大きな箱が届きました。
発送時のメールによると最終的に購入金額は¥17465だそうです。
国内アセンブル仕様の約半額。
18枚組なので、1枚¥980・・・そんな計算してどうする(笑)
なんとか、納得できる価格で手に入りました。
uk_ult02.jpg

この商品、まだ買えます。
もちろん日本でも買えますが、輸入盤で¥29000程度、ブックレット日本語訳が付属の国内アセンブル仕様はお値段は税込み¥31860!!

米Amazonにはまだ在庫がるようです。
$149.98(2017.1.22現在)、絶対こちらはお勧めです。
英Amazonにも在庫はあるのですが、こちらは£181もするのであまり魅力がありません。
英Amazonで買うのなら手間を考えると国内のサイトで輸入盤買うほうがいいと思います。

まさか次のプレスがあるとは思えないので、初回で買い逃した方は今がチャンス。
興味の無い人にはデカイだけの邪魔ものですが、マニアにはお宝ですよ。
万が一、ライブ拡張版が単品売りされたりすると一気に価値が半減しますけど・・・。

え、肝心の中身?

それは明日以降にご紹介。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。