スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桃月庵白酒独演会@京都文化博物館
2017年01月29日 (日) | 編集 |
行ってきました、待望の落語会。
これまでに2回聞く機会があって楽しみにしてたんですが、何故か2回とも「真田小僧」で、ちょっと残念でした。
今回は独演会なので。白酒さんをたっぷり聞けます。

hakusyu2017_2.jpg
ちゃんとSOL OUTなのが素晴らしい。

京都文博 噺の会 Vol.4 「第2回 桃月庵白酒 独演会」@京都文化博物館 2017.1.29

会場は初めての文博。
阪急の「烏丸」駅から北上する事6分程度と、自分としては非常に行き易いロケーション。
hakusyu2017_1.jpg

歴史のある立派な建物。
イベント用の本館は近代的なビルです。一応。

14時開演、開口は桃月庵ひしもち 前座さんです
「子ほめ」
丁寧に、15分程度。
口調は滑らかながらも、落研ぽいというか、上手な学生さんみたいな雰囲気。
ま、若いし、これからですよね。
キチンと上手で、笑わせるところでは、ちゃんと会場に笑いも起きてました。

白酒さん登場
マクラはいきなり会場の悪口、というか前回の会場について(今回の会場の隣)
いきなり「2回目かあるとは思いませんでした(笑)」からと優しげで柔和な表情で毒を吐きます。
これぞ白酒さん。
さらに大きな会場での落語会って・・・事から、、談春師匠の悪口へ(笑)
いやぁ、面白い。
この白酒さんも同業者を語らせるとホントに楽しいです。

「粗忽長屋」
これは実演初めて、あのよく聞くと訳のわからないバカバカしい噺をどう料理するのか?
最初の「行き倒れ」の部分で大笑い。
何故か主人公は「行き倒れ」を「えっ!?江戸っ子のフラメンコ?」と返すんですね。
よく聞くと「粋なオーレ・・・」これツボでした。
至極まっとうな常識人をキチンと配する事で、バカバカしさ加減が上手く強調されます。
無責任な見物人もイイですね。
実演時間は20分程度でしたがもっていかれました。
いいねぇ。

白酒さん2席目、マクラpart2は正月興行について
寄席興行を10日間通しで聴きに来るお客さん。
5日くらいだと「また来てくれてるんだ」となるが10日間だと「もう来るなよ」「仕事してんのか?」(笑)と感じる
そこから楽屋での昔の大師匠の囲碁将棋の話からの

「笠碁」
大好きな噺ですし、仕草も面白くて、二人の性格の演じ分けも面白い。
実演では市馬師匠、最近のCDでは一之輔さんで聞いてますが、ベテランの味で明朗な市馬師匠とも、やや作りんでいる一之輔さんとも違います。
さりげなく、白酒さんの個性も盛り込まれて、練られている感じが光ります
とにかく丁寧で明るい演じ手なので、こういう噺はホントにイイですね。好感持てます。
実演時間 約25分

ここで中入り 15分

hakusyu2017_3.jpg
この畳と云うのが新鮮かつ、やや辛い。
白酒さんも、どうにでも好きなような格好で見てくださいとの事。
実際に最後列というか後ろの壁に持たれて見ている人も多数。

3席目は、ピンクの着物に着替えて登場。
マクラpart3は、一之輔がNHKのプロフェッショナルで取り上げられる話
さんざんNHKの悪口言って、「どうせ受信料払ってないし」(笑)
しかし、番組のO.A.見たくなります。
一之輔さんの語る番組最後の「プロフェッショナルとは・・・」聞き物ですね。
そこから裏原宿での話からの

「明烏」
お!実演は初めて聞く噺です
文楽師匠の十八番ですが、自分は志ん朝師のもので聴き込んでる根多です。
功者白酒さんの演出は?とても楽しみです
冒頭はオーソドックスなスタート
それでも、吉原を奥浅草言い換えるあたり、さりげなくマクラが効いています。
結果的には、志ん朝師のスタイルとも違う、新しく巧みに構成されたものでした。
ホントに上手い。
特にくすぐりになるギャグ描写はクドイくらいなので、クスリとかでは無く、しっかり笑わせて大変楽しく聞けます
それでも、やはり古典の江戸噺らしいスッキリ感かありました。
今日の大収穫。
実演時間 約50分

hakusyu2017_4.jpg

よく考えると、マニアでなくても知ってる噺ばかりをズラリと並べましたね。
自信の表れだと思います。
やっぱり、白酒さんは間違いないです。
ホントに自分に合ったイイ演じ手の方です。
もっと聞きたいです。

日曜の昼下がり、楽しい時間を過ごせました。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。